恋学コラム

タロットで恋愛運を占ってもらった女子は彼と別れることになる!?

2017/02/16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女子で占いが好きな人は大勢いると思います。タロット占いが好きとか、電話占いにハマっているとか……あなたがそういう女子じゃなかったとしても、あなたの周囲に二人や三人、そういう女子がいるでしょう?

今回は、タロットで恋愛運を占ってもらった女子は彼と別れることになるかも! ということについて、お話をしたいと思います。

Male and female hands breaks red paper heart, concept of broken love

【恋学診断】あなたと彼は結婚できる!? ふたりの結婚相性度診断

おれたちの恋愛のゆくえ?

ご存知のように、男子で占い好きな人って、あまりいません。男子はたとえば、年に1度、初詣のときに神社のおみくじを引いて、その言葉を参考に日々の暮らしを送る……こういう人はいます。

が、たとえばタロット占いとか、その結果とか、そういうのって、あまり興味がないし信じません。だから、自分の彼女がタロット占いで「おれたちの恋愛のゆくえ」を占ったと知ったら、急に愛が冷めてしまう……こういうことも起こりうるのです。

なぜ愛が冷めてしまうのか?

なぜ愛が冷めるかといえば、「おれが言うことより、赤の他人の占い師さんが言うことを信用する彼女は、信用がおけない女だ」と思うから。あなたがタロット占いで彼との恋愛運を占ってもらう理由は、彼との関係にあなたなりに不安を覚えているからですよね?

不安であっても、どうにか彼との関係を続けたいと思っているというケースもあるでしょう。あなたが彼との恋に不安を覚えているときって、彼も同じように不安なんです。これは知っておいてほしいのですが、どんな恋愛であっても、恋愛と名のつく関係にあるふたりは、だいたい同じことを感じ、考えています。

だから、彼も不安なわけです。だから彼は、彼女とちゃんと話し合いたいと思っていたりもします。あるいはどうにか男の力(たとえば仕事とかそういう現実的な要素で)で、ふたたび彼女との仲を濃いものにしようと思っていたりもします。そして男子は、そういう気持ちを、彼女に言わないどころか、友だちにもあまり相談しません。

彼に内緒でタロット占いに行ったとしても……

それなのに、彼女ときたら、赤の他人におれたちの関係を言いふらして、なおかつ、赤の他人がカードで出した結論をやすやすと信じている……なんじゃ、おれの彼女は? と、こう思うこともあるわけです。

彼に内緒でタロット占いに行ったとしても、たとえばタロット占いに行った翌日から、腕にパワーストーンで作られたブレスレットを巻きはじめる女子がいますね? そういうのって、彼、気づいているんですよね。ブレスレットのように、見た目でわかることだけではなく、妙にふだんの彼女らしくない言動をとっているってのも、彼は勘づいています。

とは言っても、タロットにハマる女子はハマりますよね。電話占いにハマる女子はハマりますよね。そういう女子の傾向として、彼との恋愛うんぬん以前に「自分がどう生きていくといいのかわからない」という気持ちがあると思います。

つまり自分の人生のベースがないんですね。ベースがある人は、そう頻繁にタロット占いに行かないし、占いの結果を参考にすることはあっても「その通りに」やることはきっとないはずです。

恋愛のベースとなるものとは……

人生のベースを作ろうと思えば、それを作ってくれる人のもとに行くしかありません。それは古来、神社でありどこかのお寺だったわけです。だからたとえば、特定の宗教抜きに言うなら、神社にお参りをするというのは、わりとスタンダードな解決法だろうと思います。

若い女子で御朱印帳を持っている人って、今、わりとふつうにいますしね。つまり、恋愛って、もちろん男子と女子がするものですが、男子は男である以前に「人」ですよね? 女子も女である以前に「人」ですよね?

ということは、恋愛の問題って、男女の問題のみならず、その前提として「人としてどないやねん」というのがあるんです。人、つまり自分の人格を高めることをやれば、自然と彼との恋愛運も上がるのです。だからある種の女子は、御朱印ガールとして神社に足繁く(あししげく)通うのです。

Written by ひとみしょう

関連リンク

彼との仲も深まる♥ 彼と楽しめるおすすめ冬デート5つ

大好きだけど彼氏を怖いと感じてしまう瞬間

そこまでする!? 別れた彼氏のネットストーカー行為

もう1度彼と付き合いたい! 復縁を願う時にやってはダメなこと

アラサー男性が思わず引く、誕生日サプライズとは?

恋学アンケート投票してみんなの回答をチェック!

ひとみしょう

ひとみしょう

ひとみしょう(作家/コラムニスト/作詞家)
小学館『Menjoy!』での連載を経て、『ANGIE』初代編集長に就任(2015年7月まで)。
コラムの受賞歴多数。著書に中編小説『Dawn Purple』掌編小説『帰り際のスコール』エッセイ集『女子が知らない男子の“アレ”に関する39の秘密』(KADOKAWA)などがある。

【Blog】http://ameblo.jp/hitomishoh/
【Twitter】https://twitter.com/hitomi_sho
【Facebook】http://www.facebook.com/sho.hitomi.1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方にお勧めの恋活支援

人気記事ランキング

注目キーワード

恋学 公式Twitter

ライターから探す

SHOW-SKA【MV】モテきゅん miracle girl ~「恋学 by 街コンジャパン」公認ソング~

恋学~Koi-Gaku~スマートフォンサイト