「事実婚」が増えている?!気になるメリットや事実婚を選ぶワケとは?

事実婚

最近テレビで「事実婚」や「内縁の妻」という言葉をよく耳にします。

近年は婚姻せずに事実婚を選択するカップルも増えているよう…。

事実婚とはどういったメリットがあるのか、どういった人が事実婚を選んでいるのか…

気になる事実婚事情について調べてみました!

そもそも事実婚とはどんなもの?

 

事実婚2

婚姻届を出していなくても、お互いに夫婦としての認識があり、他人からも夫婦だと思われていて、事実上夫婦関係があると判断される場合「事実婚」と呼ばれます。

一緒に住み、生計を共にしていて日常的な家事の連帯責任があるなど、婚姻届を出していないという点以外は、普通の夫婦と何ら変わりがない関係ならば「事実婚」となります。

どうして事実婚を選ぶの?

 

事実婚3

事実婚を選ぶ人にも色々な理由があります。主な理由としては

・夫婦別性のため

・戸籍・婚姻制度に対する価値観

・親族関係などの理由

などです。

近年は「そもそも婚姻届を出して夫婦となることに意味があるのか」と考えている人も多く、海外でもそういったことに縛られない考え方をしている人が増えています。

それが日本でも進んできているということでしょう。

事実婚のメリットとは?

・夫婦別性の実現

・別れた時に戸籍に残らない

・事実婚が認められれば、慰謝料も法律婚同様に認められる

といったメリットがあります。

ただ、やはり控除が受けられない、保険の受取人を設定するときに困る、子供が出来れば戸籍の登録に困る、戸籍と言う縛りがない分、離婚しやすい

といったデメリットも沢山あります。

また、日本では事実婚はやはり少数派。社会的な信用を得るのも難しいでしょう。

夫婦の形は多種多様です。一つの選択肢としてこういったものがあるということを知っておくのもいいかもしれませんね。