「恋愛スイッチが入りにくい。いずれ結婚したいけど、付き合うのは面倒臭いと思ってしまう…」 第11回 TETUYAの部屋~恋愛リアル相談~

こんにちは。恋愛プランナーのTETUYAです。今回も、寄せられたリアルな恋愛相談について、僕の考えをお伝えしたいと思います。

相談内容④
恋愛スイッチが入りにくい。いずれ結婚はしたいけど、付き合うのは面倒臭いと思ってしまう…どうすれば…」

本当に人を心の底から、好きになったことがあるの?

なかなか抽象的な相談で、どう答えていいか若干悩んでしまいました(苦笑)。相談者と直接話す機会があれば、もう少しの相談者の性格とか価値観とか見えて、色々アドバイスできるんですが…。

まあ、この質問文章から、率直に言わせてもらうと、まず、「恋愛スイッチが入りにくい」という自分を正当化する表現の前に、本当に今まで、死んでもいいというくらい好きな人に巡り合ったことある? と問いたい。それぐらい好きな人に会えば、恋愛スイッチが入る入らないなんて言ってる暇はないくらい魅かれてしまう。

やはり、恋愛は頭でするものではなく、感情でするものだから。

「人は平等に3回大恋愛するチャンスがある」

この言葉は、僕が恋に悩んだ女性をポジティブにする魔法の言葉なんです。昔、誰からか教えられた言葉で、振られた自分を鼓舞する呪文のような言葉として使ってきました。結構、この言葉に救われたような気がします。

“平等に3回”なので、早く3回終わった人もいれば、遅く、結婚した後に巡り合うこともある。だから、相談者の方は、これから必ず訪れると言いたい。そして、恋は唐突に、そして盲目をぜひ味わってほしい。

恋愛リスクマネージメントの観点から言わせてもらうと…

それでも、「私は結婚したいけど、付き合うのが面倒臭い」と思うなら、やはり「お見合い」をおススメします。え~っと思う人もいるかもしれませんが、これほど、最短でGOALを掴むための手法は他にはないでしょう。

だって、ある程度、結婚の条件面も把握できたうえで、結婚願望の強い男女の出会いのわけですから、決まれば、話が早いと思います。

どうしても最後の砦っぽいイメージを持つ人も多いですが、僕から言わすと、合コンだろうが紹介だろうが、それほど差はないですね。結婚はしたいけど、付き合うのが面倒臭い人は是非。

貴女に送る「恋愛ポエム」

付き合った出会いの形が、
パーティー、合コン、お見合い、友人の紹介
はたまたナンパだろうが、
そんなことは関係ない
なぜなら、世の中には星の数ほどの
男女が存在する中、偶然出会ったということは、
まさしく「運命」そして「ご縁」なのだから。


この記事どうだった?

0いいね!

1うーん…