アラサーになったら何が変わる?大人の恋を楽しむための3つの方法

アラサーになると、恋愛観が変わってきませんか?
世の中に対して現実味が帯びてきた、結婚の意識が強くなった、将来への不安が増えてきた。おそらく人によって、様々な心境があると思います。

なかには「好き」の気持ちのまま、夢中になれた20代前半の恋を、羨ましく感じている人もいるかもしれません。でも、お互いの人生を支え合える良きパートナー(結婚相手)ができれば、これ以上の強い味方はいませんよね。

今回は年齢の変化に迷う女性に向けて、アラサーの恋を楽しむための心構えをまとめてみました。

頭で考えるよりも行動を優先させる

アラサーになると、打算的に恋をすることが多くなりませんか? 相手の条件が好ましくないと、「彼とは合わない」と関わることに消極的になってしまうことって、20代前半にはなかった恋の仕方ですよね。

でも、こうした恋の仕方に捉われてしまうと、恋愛に対する敷居が高くなってしまいがちです。そんな感覚はあなたが大人になった証拠ですが、条件や駆け引きばかりに捉われていては、出会いがあっても相手との距離が縮まりにくいでしょう。いきなり異性として意識してしまうと、お互いに構えてしまうので、まずは仲良くなりたい気持ちを大事にしながら、関わりを持ってみては。
頭であれこれと考えるよりも、やり取りを重ねていくなかで、彼との相性を図ることが大切です。もしかしたらやり取りのなかで、初対面時では得られなかった感情が芽生えるかもしれません。受け身ではなく積極的に恋をする姿勢は、20代前半以上に大事ですよ。

相手を笑わせる意識を持つ

アラサーの恋で大事になってくるのが、アプローチの仕方です。20代前半はルックスがいい、相手と積極的にやり取りする。これだけのポイントができていれば、意中の人を射止められたかもしれません。あるいは、黙っていても異性が寄ってきたのでは?

でも、アラサーになると結婚を意識するので、そもそも恋をすることすら億劫になってきてしまいます。
結婚に焦っていれば、条件に納得がいかず、付き合うことに消極的な人も。将来への不安を感じて、仕事に精を出すあまり、恋をすることが面倒くさくなってきてしまう人もいるでしょう。

アプローチをする際に大事なのは、相手が喜ぶことをしてあげることです。もっと砕いて言うと、相手を笑顔にしてあげることを意識してみるのです。
相手があなたと話していて「楽しい」と感じれば、相手はあなたを異性として意識するきっかけになるはず。まずは、こうした意識のアプローチを心掛けてみてください。

彼に依存、頼りっぱなしを避ける

もうひとつ欠かせないポイントが、自立心を高めることです。アラサーになると、恋愛だけで頭のなかがいっぱいになることが少なくなってきます。
自分の生活、将来のことに意識が向くようになるので、交際時も相手にベタ惚れではなく、良き相棒といったように、落ち着いた関係を臨むようになるのですね。

そのため、相手とやり取りする以外に楽しみがない。相手が構ってくれないと不安になってしまうようでは、相手はあなたとの付き合いが重たくなってきてしまいます。
仕事、友達付き合い、趣味、何でも構いません。彼以外の時間でも楽しみを持てる女性の方が、男性は見ていて幸せを感じられ、ふたりの関係はもっと充実していくはず。
彼に頼らなくてもひとりで出来ることが多い女性なら、男性は頼もしさを感じられ、あなたとの結婚を前向きに考えるでしょう。

おわりに

恋の姿勢から交際の仕方まで触れてみましたが、いかがでしたか。
アラサーは恋の価値観が変わる転換期です。今までとは違う恋の勝手にウンザリしてしまうこともあるかもしれません。
それでも年齢の変化を楽しめる女性を目指して、大人の恋を目一杯楽しんでみてくださいね。

Written by 柚木深つばさ


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…