彼氏が喜ぶ彼女の真夏のかっこう4選

真夏に彼が喜ぶかっこうをしてあげると、彼はそのことに感謝感激して、秋になっても冬になってもラブラブでいられるかもしれません。

今回は、彼が喜ぶ真夏の彼女のかっこうについて見ていきたいと思います。さっそくご紹介しましょう!

1:脇のあたりが見えるノースリーブ的な洋服

「脇のあたりが見えるノースリーブ的な洋服って、なんかそそられるので、すごく好きです」(25歳・飲食)

「脇のあたりって性器と同じである」という名言を放った女芸人さんがいます。
要するに、女子が見られたら恥ずかしいと思うパーツって、性器に等しいということなのでしょう。
だから男子はそれを見ることができたら大喜びするのでしょう。

2:キャミソール

「彼女のキャミソール姿って、ボーイッシュでかっこよくて好きです」(28歳・IT)

彼の部屋で、キャミソール姿になってみると、彼は大喜びするかもしれません。
脇のあたりも、カラダのラインもよく見えるかっこうって、男子が大興奮するかっこうなのでしょう。
キャミソールにボクサーズトランクスというかっこうって、わりと男子が「感じる」女子のかっこうだと、どこかに書いていましたので、ぜひそういうかっこうをしてみてはいかがでしょうか。

3:生脚

「夏はやっぱり生脚を拝みたいです。生脚でワンピースとか、生脚でショートパンツとか、そういうかっこうって大好きです」(27歳・通信)

海やプールに行ったら「そんなもの」見放題なわけですし、真冬でも女子高生は生脚でウロウロしているものですが……。
でもやっぱり、真夏の暑すぎる気候には生脚が似合うから、男子は彼女の生脚を真夏に拝みたいと思うのでしょうか。

4:やっぱり浴衣でしょッ!

「真夏はやっぱり彼女の浴衣姿を見たいです。秋になって彼女と喧嘩したとしても、真夏の彼女のかわいい浴衣姿を思い出せば、ぼくから先に彼女に謝って、交際を長く続けたいと思うものなんです」(27歳・建築)

花火大会やお祭りって、とにかく人が多くて行く気がしないという女子もいるかと思います。
でもこの証言にあるように、男子って、自分の彼女の一番かわいいかっこうをしっかり記憶していて、それがふたりの関係をつなぎとめておく防波堤的な役割をしてくれるものです。
だから、暑いだの人混みがイヤだのと言わずに、とにかく浴衣を着て彼とおでかけしてみてはいかがでしょうか。

おわりに

いかがでしたか?
彼にもっと愛されるテクニックとか、彼と長く交際を続けるテクニックって、ネット上にたくさん出ています。
でも、100のテクニックより、彼に「おれの彼女ってこんなにかわいいんだ」と、強烈に思わせることのほうがよほど大切です。
女子として「なんでもないかっこう」だと思っていても、男子はその姿にひそかに惚れまくっていて、なにがあっても彼女のことを大事にしたいと思います。

ぜひこの夏、「手放すのが惜しい女」を目指してみてはいかがでしょうか。
浴衣を着るのがめんどうであれば、キャミソール姿で彼の部屋をウロウロしてみるといいと思います。

Written by ひとみしょう


この記事どうだった?

3いいね!

1うーん…