【男女別】30歳独身、結婚できないわけ

近年は晩婚化が進み、初婚の平均年齢は上がっています。それでも、20代のうちに結婚を済ませる男女は多いもの。
30歳でもいまだに独身でいる男女は、なぜ結婚できないのでしょうか。

今回は、30歳独身がなぜ結婚できないのか男女別にご紹介します。

男性1:若い女性ばかり狙っている

自分の年齢がいくつであろうと、年下で若い女性を狙う男性はけっこういます。

確かに女性は妊娠のこともありますから、若いほうがいいでしょう。でも、若い女性はそれだけ需要が高いのです。
競争率の高い女性ばかり狙っていると、いつまで経っても勝ち抜けません。

また、若い女性は年上男性に大人の精神力や経済力など、いろいろなものを期待しています。
その期待に答えられるだけの人物にならなければ難しいですね。

男性2:経済的な不安がある

結婚は生活。経済力は絶対に必要です。

たとえ女性が共働き派だったとしても、夫となる男性に経済力がなければ不安になるでしょう。
共働きで生活はギリギリとなれば、子どもを産むこともできません。また、貯金もできず有事の際に借金をしてしまうかも。

結婚相手を探すよりも、まずは安定した収入を得られる仕事を探したほうがいいですね。

男性3: 女性はこうあるべきという考えがある

女性に対して「女性はこうあるべき」という決め付けが多いと、それだけ恋愛対象となる女性は少なくなるでしょう。
また、女性としても「こうあるべき」を強要されたら嫌です。

たとえば「女性はロングヘアでいるべき」「女性は男性の意見に従うべき」「女性は料理ができるべき」など。

世の中にはいろいろな女性がいるのですから、それぞれの女性の良さを見てもらいたいですね。
そうすれば新たな女性の魅力に気づき、「こうあるべき」という考えも変わると思います。

女性1:自分からアプローチできない

一昔前は、女性は受け身でいることが普通だったかもしれません。

しかし、今は女性だって自分からアプローチする時代です。
それなのに自分からアプローチしないなんて、結婚のチャンスを自らかなり狭めてしまうようなもの。
もしも「女性からなんて、はしたない」という考えがあるのなら、その考えを改めるといいかも。

アプローチしないまま未婚でい続けるか、それともアプローチして結婚をものにするか……。よく考えてみてくださいね。

女性2:基本的な家事・料理ができない

結婚は生活なので、基本的な家事や料理のスキルは大切です。

もちろん男性にも家事や料理はしてもらいたいですが、専業主婦や育児休暇中はどうしても女性のほうが家事・料理をする機会は多いでしょう。

家事や料理ができないと、家の中は荒れ放題、食事は美味しくないとなり、楽しい結婚生活は望めなくなります。

女性3:男性に警戒心を抱きすぎる

世の中には体目当ての男性や結婚しているのに女性に近づこうとする不届き者がいます。

しかし、だからといって男性に警戒心を抱きすぎるのでは恋愛なんてできません。

食事をご馳走になっただけで「もしかして体目当て? 」と思ったり、あるいは「借りを作りたくない」と言って無理やり自分も支払ったり。

警戒心も大切ですが、それでは男性の純粋な気持ちを潰してしまいます。もう少し警戒心を解きましょう。

最後に

30歳で独身という方は多いと思います。
しかし、そろそろ結婚について真剣に考えてみる時期ではないでしょうか。

今まで自分が結婚できなかったのはなぜか? をしっかり考えて、その原因をなくしていくようにしましょう。
自分を見つめ直し改善するよう努力すれば、必ず今よりも魅力的な人物になれますよ。

素敵な結婚に向けて、頑張っていきましょう!

written by 神之れい


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…