意中の彼からメールが返ってこないときに女子としてやるべきこと

女性がわりとよく悩んでいるであろうことのひとつに「気になる男性からメールが返ってこなかったときは、どうするべき?」というのがあります。

去年あたりまで、この悩みは「LINEの既読無視」にとってかわられていたように思います。LINEは使わないでおこうと思えば、使わなくてもさして不便ではないものですが、メールは使わないと非常に不便だから、「気になる男性からメールが返ってこなかったときは、どうするべき?」という悩みは、わりと定番の悩みになりつつあります。

 

さて、どうするべきか?

音楽大学(ピアノ専攻)の、肉食系女子の答えは意外とシンプルでした。

返信が来るまで送る。

これだけだそうです。このピアノ専攻の女子は、夜はキャバクラでアルバイトをしています。キャバクラ業界は、長引く不況の影響もあってか、わりと「ふつうの」女子がたくさん働いています。学校や会社で「あたし、キャバクラでバイトしているの」という会話はあまり聞かないと思います。多くのキャバ嬢は、友だちや親に内緒でバイトをしています。

お店に行かないとわからない「ふつうの肉食系女子の“ふつうの”メール対応」。それが、メールの返信が来るまで送り続けるというものです。

男性は、女子からメールが来たというだけで、わりと嬉しく思っています。よほど「こいつは絶対無理」というようなひどい関係性でもない限り、「それなりの」女子からメールが来たら喜ぶのが男です。

 

男性はなぜ返信をしないのか?

そういう男性が、なぜすぐに返信をしないか? それは、なんてメールを打てばいいかわからないから。いきなり「好きです」とメールを返せないし、「オレも○○ちゃんのこと、気になってたんだよね」と打つと、なんか空気を読んでいない返信になるかなと心配になるし。

あるいは、ご飯に行きたいんだけど、ちょっと給料日前だから、ご飯どう? とメールをして「うん! 今日、ご飯行きたい!」と女子から返信があったらイヤだなとか…。

はたまた、サッカーの試合をテレビで観ているときにメールが来て「あとで返信しよっ!」と思っていたのを忘れてしまったとか。

いろんな理由で男は返信をしません。だから「今日もおつかれさま!」とか「寒いね! あたしはこれからお風呂入るよ。○○君も風邪ひかないようにね」とか、相手を思いやるメールを送り続けていると、そのうち返信が来ることがよくあるそうです。

キャバクラだと、半年メールを送り続けた男性が、常連さんになるということもよくあるとのことです。半年あれば、今の彼女と別れたとか、二股をかける勇気を持てるようになったとか(?)、男性側の心境の変化も手伝ってか、わりとどうにかなるケースが多いんですって!

メールを送り続けても「しつこいと思われません」。これを肝に銘じておくと、ステキな恋にありつけそうです。


この記事どうだった?

1いいね!

2うーん…