30歳独身が結婚を決める瞬間!

20代に終わりをつげ、新しく30代がスタートする30歳。
この年齢になってくると、結婚適齢期にも突入し「そろそろ結婚」という気持ちになってくる人も増えていきます。
さて、それでは30歳独身が結婚を決める瞬間は具体的にいつなのでしょうか。

今回は、30歳独身が結婚を決める瞬間をご紹介します。

結婚を決める瞬間1:周囲が結婚ラッシュになった

「20代のうちに結婚してしまいたい! 」と考え、20代最後に駆け込み結婚をする方々もいます。周囲にそういった人が多いと、結婚ラッシュが終わるころには「私もそろそろ……」という気持ちに。

すでに30歳。20代のころのようにはいきません。周囲に合わせるように、ここらで結婚をしてしまおうという気になるのです。

結婚を決める瞬間2:「30歳」という節目に目を向けた

20代が終わり、いよいよ30代に突入。30歳はいわば節目の年齢です。
世の中には「30代から始める◯◯」「30歳になったら読む本」など、30歳を節目にするものは多くあります。
人生の節目を迎えたことで、気持ちも新たになったのでしょう。

「もう30歳だし、そろそろ結婚しよう! 」と、節目である30歳に新たな人生をスタートさせようと思うのです。

結婚を決める瞬間3:子どもが欲しいと思った

30歳になるころには、姪っ子や甥っ子ができたり、友達の子どもと触れ合ったりする機会が多く発生します。そうして子どもたちと触れ合っていると、ふと「自分もそろそろ子どもがほしいな……」と思うように。

特に女性は子どもを産むのに期限があります。できるだけ早く産んだほうが体力もありそうなので、余計に「早く産もう」という気になりそうですね。

結婚を決める瞬間4:一生独身の恐怖を想像した

30代にはいると健康のことも気になり始め、将来についても真剣に考え始めるころです。
そして「もしもこのまま独身だったら……」と想像したとき、孤独死や寂しい老後など、ネガティブな想像ばかりしてしまうことも。孤独死はニュースなどでときどき目にしますものね。

そうなると「このままではまずい……! 」という恐怖心と焦りがでてくるため、結婚をしようと気になるのです。

結婚を決める瞬間5:それなりの収入を得られるようになった

30歳ともなれば、仕事も安定しそれなりの立場になれる人もいるでしょう。
20代前半はしばらくフリーターだった人も、なんとか就職して安定してくるころです。
それなりの収入を得られるようになれば、次の段階へと進みたくなるもの。それが結婚です。
無収入だと結婚は厳しいですが、安定した収入があれば結婚後の生活もなんとかなるでしょう。

経済面が安定すると心にもゆとりがで始めるため、結婚という新しいことに前向きになれそうです。

結婚を決める瞬間6:そろそろ条件の良い人に巡り会えないと悟った

20代のころは「もっと素敵な人がいるかも」と思ってあれこれ選んでいたとしても、30代に入ると恋愛がうまくいかなくなってくることが増えていきます。
「いいな」と思った人はすでに結婚していたり、恋人がいたり……。30歳という年齢と釣り合う独身、かつ素敵な人はそろそろ出会えなくなるでしょう。

それなら、この辺で結婚を決めるのがベター。年齢を重ねれば重ねるほど周囲は既婚者が増えてしまいます。

最後に

アラサーど真ん中であり、結婚適齢期や出産ラッシュを迎える30歳。
この時期に結婚を決意する男女は本当に多いものです。20代ではまだ早いと思っていても、30代ならもうそろそろという気持ちになりませんか?

将来のことも真剣に考えて、結婚を決めるのもいいかもしれませんよ。30代のスタートともに、新しい人生のスタートもきってみましょう。

written by 神之れい


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…