40代女性が年下男性と結婚する方法

今どきの40代女性は、キレイです。
一昔前はオバサン呼ばわりされましたが、美しさと若さを上手に維持できれば、実年齢より若く見られて、年下男性と結婚することも可能だといえます。また、40代という年齢だからこそ身につけた魅力で、年下男性を虜にする女性もいるでしょう。

けれど、ノーメイクにジャージ姿で家の中をゴロゴロしていても、年下のダンナさまは見初めてくれません。
40代で女の幸せをつかむには、色々な意味で「手入れ」を心がけ、積極的に恋を求めていくことが大事だといえます。

Cropped view of a man's hand sliding a wedding ring onto a woman's ring finger

とにかくキレイに!

「老い」はみすぼらしさと汚さを醸し出します。
アラフォーになれば、白髪、シミ、シワ、体臭といった、普通にお風呂に入って清潔にするだけではケアしきれないモノが出てくるので、自分をキレイに見せる努力は絶対! 特に、白髪や体臭の変化など、年下男性にはまだ現れていない「老い」をさらけ出せば、恋愛対象になるどころが、オバサンの烙印を押されてしまいますので、丁寧なケアが大事です。

また、ファッションに無頓着という人は、普通の格好をしているつもりでも、20代の頃の2倍増しで「野暮ったい」と思われてしまいます。
さらに、メイクをしないとか、髪の毛がパサパサといった状態が重なれば、「なんか不潔な感じ」というイメージを持たれるかもしれません。同年齢のモデルや女優さんを真似るなどして、年相応のオシャレを心がけましょう。
洋服はファストファッションでも、バッグや靴、アクセサリーなど、何か1つでも高級品を持つということも重要です。

余裕を漂わせる。自虐ネタはNG!

年下男性にとって年上女性の魅力とは、包容力があって自立していること。
また、社会人経験が豊富で、経済力があることも、同年代の女性にはない魅力です。
多少のことでは動じない、恋愛だけにのめり込まない、物事を俯瞰して見られるといった、余裕のある振る舞いに安心感を覚える年下男性が多いはずです。謙虚さは残しつつも、遠慮しすぎず、堂々とするようにしましょう。そして、年を重ねると「私はオバちゃんだから」とか「若い人はいいね」なんて発言をしがちになるかもしれません。
良い意味で自虐するとしても、実は逆効果! 20?30代の男性からは「ウザい……」と思われてしまいます。

というのも、年下男性たちは、自虐を言う年上女性に、「いえいえ、オバちゃんなんて……そんなことないですよ」というフォローをするのが面倒臭いから。
自分を低く見せ、周りに否定されることで自身の価値を確認する女性より、しっかりとした自分を確立していて余裕を漂わせる女性のほうが、年下男性には魅力的に見えるのです。

また、年下男性とのお付き合いを結婚に繋げるには、多少の浮気は見過ごしてあげるくらいの寛容さが必要でしょう。
何をするとしても、最終的に自分のところに戻ってくるなら、「まあ、いいか」と思うことが重要です。

「来るもの拒まず」のスタンス!

好みはあるとしても、若くてピチピチの年下男性が自分を好いてくれるなら、とりあえず受け入れてみましょう。
40代になると、残念ながら、恋愛のチャンスが激減します。よほどの難点がない限り、「好き」と言ってくれる男性を大事にするべきです。

見た目はイマイチ……でも、深く関わっていく中で「性格がいい。居心地が良い」と感じるかもしれません。
あるいは、そもそもタイプじゃないと思っても、試しに付き合ってみれば「意外に合うかも」と気付く可能性だってあります。
(そして実は、今まで好きだと思っていたタイプが自分には合わないと気付くかも?)

基本的には「来るもの拒まず」のスタンスでいましょう。

自分を受け入れてくれる「場」へ足を運ぶ

40代女性を対象とした街コンやお見合いパーティーがあれば、積極的に参加しましょう。
とにかく、自分を恋愛対象として受け入れてくれる男性がいる場に足を運ぶのです。

パワースポットに行っても、占い師に見てもらっても、どれだけ浄化やパワーストーンにのめり込んでも、家と職場の往復だけを繰り返す日常には恋も結婚もありません。年下男性との結婚が見込めるシチュエーションに身を置くことが、何より大切です。

チャンスはどこにあるか、わからない!

40代女性が結婚できる確率が2%以下などというデータもありますが、自分はその「2%」だと信じて突き進むべきです。
チャンスはどこに転がっているかわかりません。いつ好みの年下男性に出会ってもいいように、日頃から外見を整えて、品のある立ち居振る舞いを心がけるようにしましょう。

前向きに、そして賢く行動する! そうすれば、40代の自分を快く受け入れてくれる年下男性と巡りあえるはずです。

Written by 岡崎咲

この記事どうだった?

2いいね!

1うーん…