早く結婚したいなら、甘い期待は捨てて! ピンポイントでリアルに旦那探しをしよう

アラサーを迎えたのにフリー、好きな人すらいない……という女性は多いんじゃないでしょうか? 20代後半から33歳くらいまでは、「まだ危機的状況でもないし」「行き遅れてるわけじゃない」と、余裕を持っている女性が多いと思います。
仕事関係者の中から彼氏になってくれる人がいずれ出てくるだろうとか、どこかに良い出会いがあるはずなどと、甘い期待を持っているのでは……? 結婚を実現するために、具体的で着実な行動を起こしている人は少ないでしょう。

また、女性が結婚を望む上でタイムリミットといわれるのは、35歳。
三十路に突入してから35歳を迎えるのなんて、アッという間です。
男性のリアルな本音では、奥さん候補となる女性は33歳が限界ともいいますから、30歳になった時点で好きな人すらいないという状況は、深刻に焦るべきかもしれません。

いつか、運命の出逢いがある……ワケない!

ドラマや漫画では、干物女でも職場でカッコいい男性上司に構ってもらえたり、ちょっとした日常のアクシデントが運命の恋に繋がったりしますが、現実にそんなことはまずありません。
「何かいいことあるといいな」と思いながら、代わり映えしない毎日をただ繰り返すだけでは、早く結婚したいという願いは叶えられないはずです。

35歳になって、「ヤバイ! 」と絶望しないためにも、ドラマや漫画にありそうな展開を期待することはやめましょう。
出逢いたいと思ったら、出逢える場へ足を運ぶしかないのです。
あるいは、確実に出逢える場へ、自分をアピールすることが欠かせません。

街コン、お見合い、結婚相談所!

筆者は街コンをいくつか取材したことがありますが、そこでわかったのは、参加女性がすべて結婚適齢期を迎えたアラサーではないということ。
23歳や25歳という若さで街コンに参加する女性がいたのです。
彼女らいわく、「今のうちに旦那さんとなる彼氏を作っておきたい」「早く安定したい」とのこと。
一時的に付き合うだけの彼氏探しではなく、結婚できる旦那探しが目的で街コンに参加していました。
そして、23歳と33歳の女性を比べたなら、男性ウケが良いのは若くてピチピチした23歳でしょう。残酷ですが、それが事実です。

つまり、今や婚活市場には、結婚適齢期を迎えてもいない若い層が入り込んでいるということ。早めに『優良物件』といえる男性をつかまえるには、安穏と待ちのスタンスで構えるより、ガッツリと婚活したほうが賢明だといえます。

ぼんやりと「いい男いないかな」と思っていてもダメです。
結婚を目的とした街コン、お見合い、結婚相談所でピンポイントに婚活するのが良いでしょう。
結婚願望のある男性たちが集まる場へ飛び込んでいくことが、何より大事です。

結婚できない女にならない!

厚生労働省の『人口動態統計』によると、2010年時点における女性の生涯未婚率は、「10.61%」。
つまり、10人に1人は1度も結婚できないということです。
そんなデータを聞かされても、多くのアラサー女性はたぶん、他人事と捉えるでしょう。
でも、具体的でリアルな婚活をしなければ、誰だって「結婚できない1人」になる可能性があるのです。

また、表現を変えると、「結婚できる9人」に入るのも容易ではないということでしょう。
アラサーを迎えたら、女性たちの未来は“いかに真面目にリアルな婚活をするかどうか?”で変わってくるのかもしれません。
早く結婚したいと望むのであれば、なおさら効率良く、ピンポイントに旦那候補を見つけることが重要になってくるはずです。

Written by 岡崎咲


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…