え!? 焦らなくてもいいの? 女性が若いうちに結婚しない3つのメリット

30代をすぎると、なぜか結婚に焦っている自分がいませんか? たとえ自分は焦っていなくとも、世間の目が気になる方も少なくないでしょう。
しかし、結婚に焦って失敗してしまっては意味がありませんよね。ならば、結婚を焦らなければいいのです!

今回は、若いうちに結婚をしないことで得られる3つのメリットをご紹介していきます。
実は、結婚をしないのはデメリットだらけではないのです!

若いうちに働いておけばキャリアが積める

結婚をしなければ、それだけ真剣に仕事と向き合える時間が作れるのです。もちろん、結婚しても仕事は続けられます。
しかし、子どもが産まれればなかなか思うように働けなくなってしまいがち。
たとえ、共働きでも待機児童や保育園の迎えなど様々な壁があります。
そうなってしまうと、仕事を満足にこなせる時間も減ってしまうでしょう。残業も難しくなります。
子育てとキャリアを両立するには、パートナーや周囲の人のサポートが必要なのです。
どちらかの両親が近くで暮らしているならまだしも、そんな幸運な環境は滅多に望めないでしょう。
また、早めにキャリアを積んでおけば、出産後の復帰もしやすくなります。

若いうちにしか出来ないいろいろな経験が楽しめる

時間はどんな人にも平等です。「子どもが巣立ってから第2の人生を楽しもう」と考える女性も少なくはありません。
ただ、第2の人生を子育て後にするか、結婚前にするかで大きく状況が変わっていきます。
若い時期は、好奇心・それに伴う行動力などパワーがたくさんありますよね。
そんなパワーが40代にも残っているかは定かではありません。
また、晩婚化が進む現代の日本では自分が第2の人生を送る頃には、友人が子育てもしている可能性もあります。
若いうちは、仕事に旅行にパーティに……様々な分野に目を向けドンドン新しい経験を楽しめます。
むしろ、クラブや朝まで呑み明かすなど、若さがあるからこそ楽しめる場所・経験もたくさんあるのです。

将来、家庭にお金がかけられる

結婚すると、子育て・生活など多くのものにお金がかかります。実は、若いうちに結婚して夫婦が苦しめられるのが金銭問題。
子どもの食費、洋服代、進学費、家のローンなど多くのお金が必要になるのです。
こうした問題は、若いうちに解決するのは安易なことではありません。
ところが、ある程度年齢を重ねていくと、よっぽどのことがなければ給料が上がっていきます。
また、多くの人が多少なりとも貯金をしているはず。つまり、若い頃よりお金が貯まっている=それだけ家庭にお金がかけられるのです。それだけでも「もう少しお金があれば、◯◯してあげられたのに……」と悔やむ回数が減るでしょう。

まとめ

年齢を理由に「結婚しなくては!」と焦る必要はありません。結婚は必ず、したくなる、または出来るタイミングがやってきます。
そのときまで、どっしり構えていればいいのです。けして、結婚しないのはデメリットだらけではありませんよ。
むしろ、若いうちは自分の人生に悔いを残さないように、やり切ることが大切です! 結婚に焦っていた方は、少し気持ちを落ち着かせて今得られるメリットを楽しんでくださいね。

Written by h103


この記事どうだった?

0いいね!

1うーん…