「はずかしくて彼を友達に会わせられない…」それ、あなた自身が原因です

大好きな彼だけど、友人には見せられないほどブサメン。見た目は悪くないけれど、話すとちょっと痛い人。など、恋人を誰かに紹介することに抵抗を抱く人は要注意! その恋、近いうちに終わりますよ?

恋人を紹介できないのは自分に自信がないから!

恋人を「友人に紹介したくない」と思うのは、彼の容姿や性格に問題があるからではありません。実はあなた自身に問題があるのです。「好きなものは好き!」そう堂々と口にできないのは、あなたの自信のなさが関係しています。

不毛な恋など、二人の関係を秘密にしなければ成り立たない関係はさておき、恋人を友人に紹介できないと思う理由には、以下3つが挙げられます。
1. 彼を愛する気持ちに自信が持てない
2. 彼を選んだことで自分まで周囲から見下されるのが怖い
3. 彼の良さを外見だけで判断されたくない

中でも圧倒的に多いのが、2. 彼を選んだことで自分まで周囲から見下されるのが怖いという意見です。私から言わせてもらうと、そんなふうに考えてしまうこと自体が彼を大切にしていない証拠。だって彼は、あなたのアクセサリーでもなければ所有物でもないのだから! 自分に自信が持てないことを、彼のステータスで補ってもらおうと考えることがはなからおかしいのです。

恋人はあなたを映す鏡

彼を判断するのは周囲でなくあなたです。彼を愛する気持ちに自信があるなら、いくらでも紹介できるでしょう。あなたが彼を心から愛し素敵な人だと思っているなら、多少の中傷など痛くも痒くもないはず。

それにあなたが堂々と彼との交際を宣言し、周囲に迷惑をかけず幸せそうに過ごしているなら、どんな見た目や条件の彼だとしても、周囲は祝福してくれます。

彼と一緒にいることで周囲から見下されるのがイヤ! 自分まで同類だと思われたくない! そんなふうに思ってしまう彼との未来など知れています。

つまるところ恋人はあなたを映す鏡です。「彼をその程度の男」と思っているうちは、あなたも「その程度の女」なのです。自分に自信が持てるようになり、自分の魅力を知る女性になれば恋人の選び方も変わるでしょう。

★★★恋の教訓★★★
彼を周囲に紹介できないのは自分に自信がないから。
恋人をあなたのステータスの一部と考えるような恋は、短命に終わる。


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…