男女でこんなに違う! 恋人の優先度

恋人ができたとき、「恋人優先派」「仕事・友達優先派」など、恋人とほかのことを比較して「どちらが優先か」という話をするときがありますよね。

「絶対に恋人! 」「仕事最優先! 」など、それらは人によって違うとは思います。しかし、そもそも男と女では恋人の優先度が違うものなのです。

今回は、男女で違う恋人の優先度をご紹介します。

男性の恋人優先度:50%

男性にとって、恋人という存在はそれほど特別な存在とも言えません。
もちろん恋人のことは大切です。ちゃんと恋人を愛しています。でも、同じように友達も仕事も大切なのです。
「何に対しても平等な扱い」と考えれば聞こえはいいかもしれませんが、恋人にとっては堪ったものではありませんよね。

なかには仕事が最優先の男性もいます。今は女性も働く時代ではありますが、昔から男性は外に出て働くことが当たり前の時代でした。家庭を顧みない男性もいましたよね。
そんな「家庭(恋人)よりも仕事を優先して当たり前」が無意識に身についてしまっている男性にとっては、男性が恋人を優先すること自体が考えられないのです。

また、恋人ばかりを優先すると「お前、付き合い悪いぞ! 」と周囲から言われることも多くあります。「仕事上の付き合い」というものを発生してしまうため、男性は女性よりも付き合いを大切にするのかもしれませんね。

女性の恋人優先度:70%

女性は男性と違い、恋人ができると恋人を優先する傾向があります。
それは心の安定を得られるたった一人の人と、ずっとそばにいたいと考えるからです。
女性だって友達や仕事は大切です。でも、恋人はもっと大切な存在。もしかしたら結婚して一生一緒に過ごすかもしれない相手ですからね。

特に、女性は出産・育児・介護で一時的に仕事や友達と疎遠になるときもあります。
そんなとき、頼りになるのは将来一緒に過ごす可能性のある恋人だけ。
遠い先を見通せる女性は、付き合っている段階からそういうことを考えていることもあるのです。

また、女性の場合は「恋人ができた」だけで嫉妬や妬みの対象となり、大切な友達が一時的に離れてしまうことも……もしもそんなことになれば、恋人がより大切になっていきますよね。
「そんなの本当の友達じゃない! 」と思うかもしれませんが、女心は複雑なもの。
「彼に尽くしたい」という思いも相まって、どうしても恋人優先になってしまうのです。

例外:先に約束したほうを優先派も……

男女によって恋人優先度は違いますが、例外として「先に約束したほうを優先」というタイプもあります。

たとえば恋人とデートの約束をしていた場合、あとから友達の誘いを受けてもその誘いは断ります。
仕事も緊急ではない・他の人でもやれることならあっさりとお断り。
逆に言えば、仕事や友達との先約があれば、後からデートに誘ってきた恋人のお誘いは断ってしまいます。どちらが優先というわけではなく、先に約束したほうが最優先なのです。

このタイプの恋人なら、早めにデートの約束を取り付けるといいですね。そうすればいつでも自分が優先されている気持ちになれそうです。先々の予定を決められるのなら、さっさと恋人とのデートを予約しておきましょう。

最後に

女性の場合、自分が恋人を優先する分、自分を優先してくれない彼氏に不満を抱いてしまうかもしれません。
もしかしたら彼氏の愛情を疑ってしまうこともあるでしょう。

でも、ただ単に男女では恋人優先度が違うだけなのです。
そこに「どれだけ愛しているか」「愛しているなら優先するはず」という考えはありません。
男女の恋人優先度の違いを理解して、恋人と仲良く過ごしていきたいですね!

written by 神之れい


この記事どうだった?

4いいね!

12うーん…