キープ女子にならないために、こんな男性には要注意!

恋の勝利者というプライドを得るために恋愛をハンティングと考える男性も多いです。
本気ではない男性に貴重な時間を使わないように、注意すべき男性の特徴について今回は考えてみたいと思います。

1.定期的な連絡

男性は本気の女性に対しては冷静でいられないことが初期の頃は特に多いです。
一方、キープ女子に対してはとても冷静で、2週間に1度、月に1度など定期的にこまめに連絡を取ってきます。
やや逆説的ですが、定期的に連絡がくる時点で本気度は低いと考えましょう。デートに誘っているようで、実は心地よい余暇を過ごすための1選択肢としてあなたとの関係をアップデートすることが目的の場合がほとんどです。
男性は支配欲が強いので、あなたを嫌いな訳ではないですが、本気までは行っていないということの現れですね。

2.お誘いメールに潜む「でも」

キープ女子に送るメールやメッセージに多いのが「今度ランチでも、ディナーでも」といった「でも」というキーワードです。
このキーワードが出てきたら要注意ですね。そして、あなたが断りを入れたとしても、定期的に「でも」メールが届きます。
これは彼があなたの状況を把握しておきたい、定期的に合うことで関係をキープしておきたいという意思がストレートに現れています。「でも」メールが3回連続で届いたら危険信号です。関係を見直し新しい恋に出発しましょう。

3.いつも流れが同じ

キープ女子に男性は労力をかけません。毎回「でもメール」⇒「食事」⇒「定期的に連絡」という形でいつも流れが一緒です。
文面や誘い方は少しだけ変えてくるかもしれませんが、基本的には前回のものを踏襲した形がとても多いです。
一方、あなた側が意識しないと中々この類似性には気づきません。そのくらいのちょうど良い期間をあけてアプローチしてきます。
1度気になる彼からのLINEやメールでの連絡内容について見直してみましょう。規則性やいつも同じような流れの場合は要注意です。

4.突然連絡が取れない

定形メールや定期的な連絡が突然取れなくなってしまうことがあります。男性が他の女性に夢中な場合に起こりがちです。
一方で、その女性と上手く行かなかった場合などにあなたにまた連絡が届くことが多いです。
突然連絡が取れなくなるということはあなたにあまり興味が無いサインだと捉えて、次に進む判断材料の1つにしても良いと思います。既読無視などされてしまった場合は、潔く次の恋を探していきましょう。

おわりに

いかがでしたか?
恋愛をプライドを高めるための手段にしている男性を見抜いて、あなたに真剣になってくれる男性との素敵な恋を目指していきましょう。今回のヒントも参考にしながらキープ女子の罠をうまく交わしていくことが大切です。

written by 神崎志乃


この記事どうだった?

3いいね!

9うーん…