【あざとい女子はなぜモテる? 】その理由が知りたい!

最近「あざとい」という言葉が、私たちの生活のなかで頻繁に使われるようになりましたね。
それこそ上目遣いで異性を覗いたり、肌の露出多めで見せびらかせるように男性を誘ったり。
わざとやっていることが、辞書の意味通りに「押しの強い、どきついやり方」に感じられ、ちょっと辟易してしまう女性も多いのでは?

でも、なぜかあざとい女性は、同性ウケは悪いのに、異性ウケはいい場合が少なくありません。
果たしてあざとい女子がモテる理由はどこにあるのでしょうか?

自分の魅力を冷静に理解しつつ、男性の気を引けるから

あざとい女性は、あざとい行動を自覚してやっている場合がほとんどです。
自分自身が周りからどう見られていて、それをどうすれば異性ウケするのか。意外と用意周到に考えており、そういった意味で小利口でとても計算高いタイプと言えます。

例えば見た目がキレイな女性なら、「自分はキレイだ」という自覚がある一方で、でもそれをあからさまに周囲に見せようとはしません。

それこそ知り合った男性が自分に興味があると感じたら、「●●さん、●●ができるなんてすごいですね! 」とヨイショ。
「私なんて全然キレイじゃないですよ~」と謙虚な姿勢を見せつつも、こっちも気がある事をさり気なくアピールして、男性の気を最大限引こうとします。

こう説明すると、「私はこんな風にできない! 」と感じる女性もいるかもしれません。
でも、あざとさに程度はあるとはいえ、こうした駆け引きは、恋をするなら絶対に求められることです。
こうしたアプローチがあざといとするなら、あざとい女性は自分の見せ方を心得ており、男性の気を引くことが上手なのでモテるのかもしれません。

男性がつい相手にしたくなるような交渉力があるから

あざとい女性は交渉の仕方がとても上手です。それこそ気になる人ができると、まず相手に声をかけることがアプローチの第一歩ですよね。
でも、「●●さんは休日なにしていますか? 」「最近、ハマっているものってありますか? 」と頑張っていろいろと質問したところで、脈ナシの場合、スルーされて相手にされない場合もしょっちゅうだと思います。

あざとい女性は、なるべく相手が興味を持ちやすい話題を選びつつも、彼がつい返事を返したくなるようにリードするのが上手です。
例えば「●●さん、すごい身長高いですけど、何かスポーツやっていたんですか? 」「すごい! 私も最近●●始めたんですけど、●●さんとぜひ一緒にやってみたいな」と、彼にノーと言わせないような雰囲気を作り出すのです。

男性もちょっと「あざとい」と思いつつも、自分に興味を持ってくれて、自分を認めてくれることに嬉しさを感じて、つい好意的な返事をしたくなるはず。
ポイントは相手を気持ちよくさせつつも、相手の好意にちょっと甘えることです。相手が異性であれば意識しない男性はいないので、いつの間にか彼女のことが気になっていた……なんてことも珍しくなさそうです。

アプローチが失敗しても、キレイに別れられるから

あざとい女性は断るのも上手です。いくら駆け引きが上手で、相手の気を引く交渉力を持ってしても、勝算を得られない状況ではムリに相手を追い回そうとはしません。

「そっかあ。残念だけど、また今度だね! 」と、次があるような答えを伝えつつも、相手との関係を一旦断つような思い切りの良さがあります。
恋愛はアタックしてなんぼの世界なので、どんなにモテる人でもフラれてしまったり、振り向かせることができずに終わってしまうこともザラです。

そうした時でも相手を傷つけず、キレイに別れることができれば、もしかしたら相手の気が変わって、後々相手から連絡が来ることもあるかもしれません。
そうした時でも再びやり取りがしやすいように、別れ方はキレイな方がいいですもんね。

おわりに

世間では嫌われがちなイメージのある“あざとい女性”ですが、こうして考えてみると彼女たちがモテるのも頷けるのでは?
アプローチ力を鍛えるために、ちょっとあざとい女性を見習ってみると、いまよりも恋をするチャンスが増えるかもしれません。

Written by 柚木深つばさ


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…