夏に付き合ったカップル必見!長続きさせるために最初に決めておくべきルール

 

夏の恋から生まれたカップルは長続きしない、なんてよく言われていますよね?せっかく恋に落ちた彼なのですから、その後もアツアツにずっと付き合っていきたいもの。そこで、付き合いはじめにまず2人だけのルールを決めておきましょう。嫌だな、と思うことを減らすだけで、関係がうまくいくはずです。

ルールその1 お互いの携帯電話を見ないこと

引用元

恋愛をしていると、どうしても相手の心変わりや他の異性と親しくしていないかが気になるもの。ついつい相手のメールやSNSを見たくなってしまいますよね。でもそれはNG!自分の携帯を無断で見られて、気分はいいですか?人にやられて自分が嫌なことは、相手にもしてはダメ。誰にでも、恋人にだって見られたくないプライバシーはあるものですし、勝手に見られたり見せるように迫られたりすると、「アイツ俺のこと信用してない」と彼もうんざりしてしまうはず。束縛されている気がしてストレスがたまり、2人の仲もギクシャクしてしまいます。最初にお互いの携帯電話は見ない、とルールを決めておいて、2人で守るようにしましょう。

ルールその2 電話やSkypeで、頻繁に連絡を取り合ってデートする

引用元

恋愛感情が冷めないようにするためには、頻繁に会って絆を深めるのが一番です。いつもSNSやメールで連絡しているから大丈夫、と安心している人は連絡手段を電話やSkypeにしましょう。文字よりも顔を見たり、声を聴いたりしないと心が離れてしまって、いつの間にかただのメル友になってしまうかも。ただし「毎日何時に連絡する」みたいな義務的な約束は避けて。お互いのストレスにならないように「最低一週間に一回は電話で話す」などのゆるめのルールを決めるといいでしょう。
デート場所も、自宅やカラオケなどインドアな場所だけでなく、2人で一緒にできるアトラクション施設などを取り入れて、マンネリデートを避けて

ルールその3 お互いに遠慮しないで、話し合いの機会をもって

引用元

付き合いはじめのカップルは、嫌われるのが怖くて相手に遠慮しがち。でもその遠慮から生じた行き違いは、心が離れる原因にもなります。言いたいことや聞きたいことは遠慮なく話しましょう。ただしソフトな言い方を心がけて。詰問するような言い方だと相手は引いてしまいます。お互いになにか不安や不満に思うことがあれば、ちゃんと話し合うことをルールにしましょう。
夏の恋に限らず、恋愛はどれだけ相手との絆を深めるコミュニケーションが取れるかが、関係を長続きさせるといえるでしょう。最初にルールを決めておけば、不安で疑心暗鬼になることも避けられますし、お互いに過度に干渉しない関係を築けそうですね。

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…