男性が本命女子にしか見せない弱さ4つ

男性とは、小さいころから「強くなくてはいけない」「しっかりしなきゃいけない」と言われ続け育てられています。
また、一般的に何事にも弱音や愚痴を吐く男性はモテないとされています。
そんな風潮から、多くの男性は常に強く、我慢強くもあろうとするのです。しかし、人間である以上、そこには限界が訪れます。
では、そのようなとき男性はどうするのでしょう? そのはけ口としているのが「本命女子! 」です。
つまり、本命の女子にしか見せない男性の弱さがはけ口となるのです。

そこで今回は男性が本命女子にしか見せない4つの弱さをご紹介しましょう。

自分のコンプレックス

女性でも体型や精神的コンプレックスがあるように、男性にも当然あるものです。
しかし、自分のコンプレックスとは簡単に口に出して言えるものではありません。また、男性となればなおさらです。
そこで、もし、あなたに自分のコンプレックスを伝えてくる男性がいたとしたら、それはあなたを本命女子として見ている可能性があります。彼のコンプレックスを魅力だとして支えてあげれば、その男性にとってあなたは本命となることでしょう。

仕事の悩みや愚痴

男性にとって特に強くなくてはいけない場所、それが職場です。
本来の自分とは異なる自分、とても強い自分を作り上げなくてはいけない場なのです。
しかし、男性にとってそこから受ける精神的ストレスは尋常ではないでしょう。
もし、あなたに仕事の悩みや愚痴を言ってきたとき、それは、あなたを本命女子として見ている可能性があります。
そんな男性を見て情けないと思うのではなく、逆に癒してあげるような寛大さを持ってみましょう。

過去に受けた傷

誰もが過去に受けた傷は1つや2つあるものです。
しかし、男性とは、今なお消えないとする傷をいつまでも強がって見せないとします。
そんな心の傷をあなたに打ち明けてきた場合、それは、あなたが本命女子として見られている可能性があります。
彼が抱えてきた過去の傷を伝えられたときは「一緒に乗り越えていこうね! 」と、支えてあげる気持ちが男性の心を鷲掴みにするでしょう。

甘える仕草

男性は強くいなくてはいけない分、甘える場所がほとんどないのです。また、男性は基本的に女性の前でも強くあろうとします。
しかし、あなたを本命女子として見たとき、彼らは変わるのです。
日々の強くあるべき鎧が落ち、甘えた姿があなたの前に表れるのです。
そんな彼を見て「情けない」「かっこ悪い」と思うのではなく、彼の弱さを認めてあげましょう。
すると、男性はあなたの虜となります。甘える彼を引き出したあなたは本命女子としての可能性大です。

おわりに

男性の弱さとは、本当に信頼した相手、心を許した相手にしか見せないものです。
ですから、彼が弱音を吐いたとき、そのときは支えてあげる気持ちが必要でしょう。
「男性の弱さ」とはある意味「本命女子としての証」です。
彼が抱える弱さを引き出し、あなたも本命女子としての証を手に入れてみましょう。

Written by そら


この記事どうだった?

23いいね!

0うーん…