ピンク色=恋愛運アップとは限らない!?
占い師・菊池美佳子の【恋愛運UPのススメ】第15回

「ピンクの服や小物を身に着けているのに恋愛運がいっこうに上がらない!」というお悩みをしょっちゅう耳にします。ピンク色は確かに恋愛運を強化する色と言われています。筆者も、恋愛運を上げるべく、服も小物も何もかもピンクにしていた時期がありました。その徹底っぷりから、周囲の人に「(林家)パー子」と呼ばれたくらいです。

さて、気になる結果ですが、当時の筆者にとってはイマイチ効果が得られませんでした。もちろん、これは筆者のケースであって、ピンク色がダメという意味ではありません。筆者にとっては、たまたまピンクという色と恋愛運アップが繋がらなかったのでしょう。

積極的にピンク色を取り入れているにもかかわらず、恋愛運が上がらない皆さんも、もしかしたらピンク色との相性が合わないのかもしれません。

 

自分に合わない開運法を続けるよりは方向転換を!

合わないとわかったら、これ以上ピンク色にこだわる必要はないでしょう。「継続は力なり」という言葉もありますが、続けてみて効果が実感できない開運法は思い切って方向転換するのもアリです。

もちろん、だからと言ってこれまでに揃えたピンク色の服や小物を処分する必要はないのでご安心を。今後、取り入れる色から変えていきましょう。

好きな色でOK

今後取り入れる色のセレクト方法ですが、基本的には自分の好きな色でOKです。赤でも黄色でも緑色でも、お好きな色をどうぞ。

中には、「黒色が好きなんだけど、黒って恋愛運を下げちゃいそう」と心配になる人もいるでしょう。確かに、一般的に黒色って、格調高いイメージゆえか、人を遠ざけちゃいそうな気がしますよね。

ですが、黒色が好きでピンク色が嫌いな人が、恋愛運を上げようと無理にピンク色の服を着ても、心からの笑顔にはなれないはずです。当然、テンションも下がるでしょう。それよりも、好きな黒色の服に身を包んだほうが、自然と笑顔もこぼれ、それが男性ウケにも繋がります。

過去の記憶を辿ってみよう

好きな色以外には、過去に倣うやり方もあります。これまでの人生を振り返って、恋愛運が良かった時期を思い出してみてください。その時期に多く取り入れていた色があれば、それが貴女の恋愛運アップ色かもしれません。特に「この色!」というのが無かった人は、「そういえばあの時期に、水色のバッグを買ったなぁ」とか「彼氏との行きつけの店に紫色の置物があったなぁ」など、断片的な記憶でも構いません。記憶に残っているというだけで、かなり印象的だった色なのでしょうから、何らかの効果は期待できます。

まとめ

ピンク色から恋愛運アップの効果が得られなかった人も、どうかピンク色を憎まないでくださいね。たまたま、あなたには合わなかった……ただそれだけです。

ダイエットでも、A子さんに効いたウォーキングダイエットが、B子さんには効かないことがありますよね。開運法にも、各々との相性があります。今回は、ピンク色に的を絞ってお話させて頂きましたが、ほかの開運法も考え方は同じです。「私には合わないかも」と感じたら、方向転換しちゃいましょう。


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…