待っているだけではダメ! 男性から2回目のデートに誘われるコツ4つ

大好きな彼とのデート。それは、ドキドキと胸を高鳴らせるほどの嬉しさ。
しかし、その気持ちの裏では、どこか落ち着かない緊張感もあるのでは? それはそのはず、あなたは彼のことが大好きで、このデートをきっかけに彼との距離を縮めたいと思っているからでしょう。
とはいっても、距離感とは一気に縮まるものではありません。1歩1歩とデートを積み重ねることが交際へと繋がるものです。

そうなれば、必要となってくるのが2回目のデート。
そこにこぎつけなければ、何もはじまらないのです。そこで今回は、男性から2回目のデートに誘われるためのコツを4つご紹介しましょう。

初デートのとき次に行きたい場所を伝える

2回目のデートの提案は、初デートの中で告げておきましょう。
例えば、食事をしている最中、美味しいものを食べながら「次は映画を一緒に観たいな♪ 」もしくは「水族館にいきたいな」などと、伝えておくことで、彼は次のデートに誘いやすいくなるのです。
ポイントは、デートが終わってからではなく、デート中での提案が肝となるでしょう。

初デートは笑顔を絶やさず

デートといえば、お互いが「楽しかった! 」と思えることが重要。
初デートで彼に楽しかったと思ってもらえることができれば、2回目のデートに誘われる可能性が一気に高まります。
常に笑顔は絶やさず! あなたが楽しむ姿は彼に喜びを与えることでしょう。そして、笑顔がこぼれる彼の姿もそこにはあるはず。
笑顔は幸せを運びます。幸せが楽しさを呼び起こすのです。

礼儀正しさを忘れずに

デートといえども最低限のマナーや礼儀は重要です。
荷物を持ってもらったり、エスコートしてもらったときは素直に「ありがとう」と伝えましょう。
また、お会計の際には、男性が出すのが当然と思わず、最低限財布は出すこと。
そして、ごちそうしてもらったときは、ちゃんとお礼を伝えることも大切です。
初デートで好印象を持ってもらえれば、2回目のデートにもきっと誘ってもらえるでしょう。

「お礼メール」は最後のひと押し

バイバイしたあと、あなたからのお礼メールは絶対に送るべし! 「今日は楽しかったよ」と、お礼を兼ねたメールは男性を安心させ、またデートに誘いたいと思わせる力があります。
また、今日のデートで楽しかった瞬間を具体的にメールに込めれば、さらに効果的。最後の節目に、あなたの気持ちをお礼メールに込めることを忘れずに。

おわりに

2回目のデートに誘われるためには、ただ男性に任せきりではダメなのです。
男性だって「断られたらどうしよう……」と、不安は抱えているもの。
だからこそ、あなたの手でその不安を断ち切ってあげましょう。
男性からではなく、女性からのアプローチが2回目のデートに誘われる秘訣なのです。

Written by そら


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…