彼のために料理をするのが苦痛! 克服しないとダメ?

料理をする人が好き、という彼。そんな彼のために、日々料理を頑張っている……。でも、本当のところ、自分は料理をするのは好きではない! そもそも、料理をすること自体が得意でもない! けれども、彼に好かれようとして無理している……その状態は、いつから続いていますか?

それは、本当にそうしなければならなのでしょうか? 今一度一緒に、彼との付き合い方を考えてみましょう。

 

本当にしなければダメ?

まず、あなたが本当に料理をしなければいけないのか考えてみましょう。料理をしないと彼に捨てられてしまうと考えていますか? それは本当でしょうか? 一度、彼に確認してみましょう。

あなたが料理をしてくれること自体は嬉しいのかもしれませんが、あなたが無理をするのは好きではないかもしれません。話をしてみた結果、もしかすると彼の方が料理をしてくれるようになるかもしれません。

基本的に「こうしなければ嫌われてしまう」というのは幻想です。何か条件がつくことによって「自分は愛される」と感じる傾向は、基本的に幼い頃「親に対して良い子」を演じていた人にあります。

彼との付き合いは、もしかするとそうした傾向から脱するレッスンとして与えられたのかもしれません。

もし料理をすることが条件なら……

話をしてみた結果、彼が「料理をしないなら別れる」と言ったなら……。あなたは、どうしますか?

長期的に見て、こうした相手の提示した条件に従った場合には、後々になって別れる傾向にあります。今は良いのかもしれませんが、人の心にはどんどん不満が溜まるもの。その不満は、いずれ爆発するでしょう。

そもそも、条件に従わなければ付き合いが成立しないということに、あなたは本当の愛を感じることはないでしょう。またこの場合、あなた自身も彼に条件を提示している可能性があります。

つまり「料理を作っている限りは私を愛する」という条件です。どのような行動を自分が彼にしても、料理をすることが免罪符となります。ですから、無意識に彼にはあなたの抱えている不満と同じ程度の要求をしていると考えられます。

条件が違うものだとどうなるか

何も条件がなくとも愛し合える間柄。それは、誰にとっても理想の恋愛関係でしょう。しかし、それだと今のあなたには少しハードルが高いかもしれません。ありのままを愛し合えるというのは、幾多の困難を乗り越えたカップルに訪れる、いわばレベルの高いステージだからです。

ですから、今のあなたが考えることは「もし違う条件ならどうか」ということです。彼にとっては料理をしてくれることが、恋人から受け取れる愛情表現という認識です。ですから、違う形で愛情表現ができないかを考えてみましょう。料理以外で、あなたが好きで得意なことは何ですか? 彼のために、愛情たっぷりにできることはありませんか?

彼とふたりで愛情表現の形について、話し合ってみましょう。きっとお互いが納得できる、新しい答えの形が見つかるでしょう。

でももし、彼が料理以外は考えられないと言ったら? その時は、決断をするタイミングです。

料理を好きになるのか、または我慢して作り続けるのか。それとも今の彼とは別れるのか……。どれが正解ということはありません。いずれにせよ、自分の中にある「こうしなければ嫌われてしまう」という生き方には一度、少し距離を置いて見直してみましょう。


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…