これ以上の幸せはない!生涯「愛し抜く」カップルになれる秘訣

最近は経済的に余裕が少なく、ふたりで働いてようやく人並みの結婚生活を送っている夫婦も少なくありません。でも、旦那さんが家事育児に積極的で、ふたりとも愛を誓い合って夫婦仲良く暮らしていけるのなら、これ以上、幸せな結婚生活はありませんよね。

そんなご時世の状況をものともしない、今回は一生涯愛し抜いて、ドキドキできる幸せカップルになる方法をご紹介します。

◆ふたりの関係に合わせたデートをする

カップルである以上、恋愛は楽しく、デートは刺激的なものが理想です。恋愛というのは、相手と一緒にいてつまらない、またデートがマンネリになってしまうほど、相手との関係に疑問を抱いてしまいがちです。

通常、付き合いが長くなってくると、ドキドキした気持ちは落ち着き、ふたりの関係も落ち着いていきます。仲のいいカップルともなれば、いつ結婚してもいいほど、人生のパートナーとしての絆が確かなものになっていくでしょう。

そうしたカップルになるためには、まずデートの仕方を工夫することです。

大抵デートというと、ふたりの関係に合わせてすることが多いですよね。例えばお互いに車好きなら、同じ車好きで同じ車を持つサークルに参加するとか。相手の友達も交えてバーベキューをするとか。彼と登山、ダイビングといった、アクティブなデートをするとか。

世の中のカップルがやっていそうなデートではなく、彼と一緒じゃないと出来ないデートも心掛けてみてください。

ちょっと危険なことでも、「あなたと一緒にならできる!」という確信が生まれれば、相手が無くてはならない存在になり、純粋にデートが楽しく、もっとお互いにデートしたいと思うようになるでしょう。

◆共に成長し、彼を尊重する

付き合いが長くなってくると、お互いの生活が少しずつ変わっていきます。特に男性の場合は仕事の責任が増えて、若くして役職に就く人も。そうした時、今までと変わらない関係でいるためには、お互いの仕事とプライベートを受け止め、そして尊重してあげる意識が大切です。

恋愛はバランスが大事です。彼の仕事が忙しかったり、彼が仲間と飲みに行くことが多いなら、あなたも彼以外の時間を充実させる必要がありますよね。

それこそ彼を見習って、スキルアップを図って資格の勉強をするとか。仕事仲間と飲みに行ったり、趣味でヨガに通ったりして、プライベートを充実させるのもいいと思います。

「また飲みに行くの~?」と、相手の交流関係やプライベートを批難してしまうよりも、「気を付けて行ってきてね。今度の週末はここに行こーね、絶対だぞ!」と、相手を尊重してあげることができれば、ふたりの関係を繋ぎとめる大きなポイントにもなるはず。

なかには、彼の仕事やプライベートが充実していて、何だか自分だけ置いて行かれてしまう、そんな気分に陥ってしまう女性もいるかもしれません。

でも、彼を束縛してしまうよりも、彼の変化を喜んであげて。その方が、男性はあなたとの変わらない関係にむしろ安心し、居心地のいい関係を提供してくれるあなたに感謝するでしょう。

◆相手のために100%行動する

Loving couple covering with blanket while feeling cold outside.

お互いを思いやれるカップルは、そうあるものではありません。大抵はどちらかの気持ちが自分よりも強かったり、弱かったりすることが多いもの。そういった意味で、お互いの気持ちが一致しているというのは、これ以上ないベストカップルと言えるでしょう。

そうしたカップルになるには、相手のために行動してあげる姿勢をどれだけ取れるかが大事です。例えば彼が仕事やプライベートで落ち込んでいたなら、「よしよし」と慰めるだけではなく、「一緒に頑張ろう」とふたりで乗り越えていく姿勢を見せるのです。

人は辛い時、誰かに気持ちを分かってもらいたいと思います。その悩みが些細なものではなく、深いものなら尚更。

恋人に悩みを相談したとして、どこまで自分を理解して、どこまで相手の慰めで悩みが解決するのか……。そうしたポイントって、相手との結婚を現実的に考えられるのか、ひとつの目安になってきますよね。もちろん相手の愛情がどこまで確かで、どれだけ大きいのかも分かるでしょう。

「またネガティブになってー。大丈夫、なるようになるよ!」「みんな不安はあるものさ。私も不安だけど、とりあえず今を頑張るつもり(笑)」と、気持ちを大きく受け止めて、たのもしく相手の背中を押してあげられれば、男性はよりあなたの存在が増すはず。

こうした積み重ねで、彼も次第に「俺には君がいなきゃダメだ!」という気持ちになっていくでしょう。

一生涯に渡って愛するカップルになるには、最低限これらの3本柱が欠かせません。彼とのデート中、こうしたポイントが意識できるかで、ふたりの数年後の関係が大きく変わっていくでしょう。

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…