「結婚を前提に……」はありえない!? 男がパートナーに求める4つの条件

「結婚を前提に、お付き合いしてください」
女子なら一度は言われてみたい胸キュンフレーズ。大好きなカレに言われたら、カラダが熱くなってしまうほど、嬉しいものですよね。でも、実際にはドラマや映画など、“夢”にすぎないのかも……?

そこで今回は、『株式会社宝島社』が働く女性1,000人を対象に行った調査「男子と女子の恋愛における意識格差」を参考に、男性がパートナーに求める4つの条件をピックアップしてみましたよ。

1:いつもニコニコ笑顔が素敵な“明るさ”

「落ち込んでいるとき、彼女の笑顔を見ると癒される」(25歳・金融)
「美人かどうかより、笑顔が素敵かどうかの方がずっと重要だと思う」(29歳・IT)

“美人は三日で飽きる”という言葉通り、男性は一生のパートナー選びをするとき、顔やルックスよりも、笑顔を重視する傾向があることが判明! 毎日顔を合わせる相手だからこそ、ニコッと明るい表情の女性が好まれるのかもしれませんね。あなたも気になるカレの前では、できるだけ笑顔で振る舞うように心がけて!

2:お会計緒とき、必ず財布を出す“謙虚さ”

「会計のとき、トイレに立ったり、財布を出す素振りを見せない図々しい女は、絶対彼女にしたくない」(27歳・メーカー)
「奢ってあげたとき、サッと財布をしまわずに『いくら出したらいい? 』と申し訳なさそうに聞いてくる謙虚な女性は、ポイント高いよね」(28歳・保険)

デート代はオトコが出すのが当たり前だと思っていませんか? お会計のとき財布を出さなかったり、トイレに立ったり、ちょっとでもお嬢様気分でカレと接すると、悲しい結末を招いてしまうことが……。あの人の本命彼女になりたければ、必ずお会計のとき財布を出すこと。「ごちそうさま」「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えるのを忘れずに!

3:肝心なところで男を立ててくれる“優しさ”

「『さすが○○くん』とおだてられたり、人前で立てられると、俺がこの子を守ってあげないと……って気持ちが強くなる」(30歳・公務員)
「ちょっとした選択でも、『○○くんはどう思う? 』と聞いてくれる彼女の優しさに胸キュンする」(26歳・医療)

「好きな女性よりも優位な立場にありたい」が男の本音。プライドの高い男性ほど、人前でバカにされたり、見下すような態度を取ると、イラッとする傾向があるので、細心の注意が必要です。できるだけカレに選択を委ねたり、他人が見ているところでは男を立ててあげることを心がけて!

4:メールやLINEを催促しない“男っぽさ”

「忙しくて連絡が遅れても怒ったり、『もっと連絡できないの? 』って催促したりしない女性がいい」(29歳・美容師)
「『なんで? 』『どうして? 』って口うるさく言われるとウンザリする」(30歳・建築)

男性たちをもっともウンザりさせるのが、メールやLINEの催促。「今なにしてるの? 」「どこにいるの? 」なんて質問攻めも、カレの気持ちを遠ざける傾向があります。本気で好きな男性への連絡は、ちょっとクールなくらいがちょうどいいかもしれませんね。

いかがでしたか? 「結婚を前提に……」という台詞は残念ながら聞けないかもしれませんが、交際前に結婚を意識させることはとっても大事なことです。今回ご紹介した4つのポイントを抑えて、カレに「ずっと一緒にいたい」と実感させてみて!

(参考)
・【働く女子1000人大調査】結婚を意識して付合う男性は、わずか9%!? 対する女性は52%の事実。 – 株式会社 宝島社
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000412.000005069.html

written by mook


この記事どうだった?

2いいね!

3うーん…