別れの予感……もう諦めた方がいい恋の見極め方

出逢いがあれば別れがあり、別れは新しい出逢いを引き寄せます。
恋人同士は、「愛」という不確かなものを共有し合うだけで、彼氏・彼女の関係を成立させているのです。「愛」が壊れれば、一緒にいることはできなくなるでしょう。悲しいけれど、別れるしかない状況ってあるものです。

なんだか、ヤバい……。
そう感じたとき、お付き合いを続けるべきか、諦めるべきかを正しく見極めることが大事です。
心は揺れて、不安や悲しみが膨らむでしょうが、感情的にならず、冷静に判断したほうが良いといえます。

「ヤバい」恋の状況はいろいろありますから、今回はシチュエーション別に別れの予感を見ていきたいと思います。

彼への愛が冷めた時の特徴

大好きでお付き合いを始めたのに、急に彼への気持ちが冷めることがあります。
頭では「まだ好き。好きに違いない」と思っても、心は嘘がつけないでしょう。

・彼を心配しなくなる
・些細なことに苛立つ
・彼より仕事や友達を優先する
・前は許せていたことが許せなくなる

好きじゃなくなれば、興味がなくなります。彼が風邪を引いても、仕事で失敗しても「へえ、そうなんだー」と思ってしまう。
仕方ないことです。
そして、愛が冷めると、彼という存在が段々と煩わしく感じます。
たとえば、前は見過ごせていた貧乏ゆすりに本気で腹が立つとか、よくある話です。

自分に対する彼の愛が冷めた時の特徴

最初は気のせいかと思っても、嫌な予感は段々と確信に変わり、「わたし、もう愛されていない? 」という不安をハッキリと抱く時にはもう、彼氏の気持ちは遥か遠くに離れてしまっているのかもしれません。

・メールの返信が遅くなる
・会おうとしなくなる
・話を真面目に聞いてくれない
・一緒にいても無言が多い
・目を合わせない

ほかにも、エッチの回数が減るとか、彼女の好みに合わせていた部分を急に合わせなくなる(たとえば、彼は中華が好きで、彼女がイタリアン好きの場合、前は彼女に合わせてイタリアンレストランで食事をしていたのに、急に行きたがらなくなる)などがあるでしょう。彼女に対する興味がなくなり、彼氏は自分本位に行動し始めるのです。

踏ん張るべき? 諦めるべき?

もうダメかもしれない……と、別れの予感をおぼえた時、まだ踏ん張るかどうかを正しく見極めましょう。
踏ん張るべき状況は、彼が明らかに何かを誤解している、あるいは彼女側に非がある場合です。
彼の誤解を解けば、気まずいムードはすぐに解消するはずですし、「私が悪かった。心を入れ直して悪いところを改善するから、別れるなんて言わないで! 」と真剣にお願いすれば、彼も別れを踏みとどまってくれるかもしれません。

一方、潔く諦めた方がいいのは、彼がすでに他の女性を好きな場合。
心はすでに別の女性に奪われているので、しつこく縋るほど「ウザい」と思われてしまいます。
復縁を望むとしても、いったんは彼の別れたい気持ちを受け入れたほうが賢明でしょう。
(ただし、彼が二股をかけていたら、別れるかどうかを決める前にビシッと言うべき)

また、彼が完全に冷めているとわかる場合も、追いかけたって良い結果には終わらないはず。
特に、男性が明確な理由を出さずに「別れたい」と言う時、彼女への気持ちが冷めた原因は深刻かつ、愛が再燃する可能性は低いといえます。
どういうシチュエーションで、どっちが別れの予感をかもし出しているのかがわかれば、間違った判断は下さないはずです。

Written by 岡崎咲


この記事どうだった?

1いいね!

7うーん…