遠距離恋愛のコツ! 大好きな彼と長続きする4つのポイント

あまりストレートな表現では言われないことですが、遠距離恋愛が破綻する理由というのは、寂しさが最大の原因だったりします。
寂しいから近くにいる男子とイケない遊びをしちゃうとか、寂しいという気持ちをコントロールできず、相手にそのままぶつけてしまっちゃうとか、まぁ、そういうことが、後悔するような別れになってしまう最大の原因なわけです。

今回は、遠距離恋愛で別れてしまわないための秘訣についてお届けしたいと思います。さっそく見ていきましょう!

彼と一緒に貯金する

「私は遠距離恋愛中、彼と一緒に貯金をしました。毎月少ないお給料の中から3万円ずつ持ち寄り、共通の銀行口座に預けました。共通の目標ができると、彼が遠く離れていても、一緒に頑張っているという気持ちが湧いてきます。また、彼にも貯金をさせることで、イケない遊びをするお金を持たせないというのも、非常に効果的だと思います」(28歳・メーカー)

遠距離恋愛に限らず、彼と共通の目標を持つというのは、恋がうまくいく最大の要素ですよね。
それに、いかに真面目な男子であっても、余分なお金を持ってしまうと、遊んじゃうわけですから、そういう意味でも、一緒に貯金をするというのは、非常に効果的ではないかと思います。

最低でも3ヶ月に1度は会う

「遠距離恋愛がうまくいくコツは、月に1度、彼に会うことです。新幹線代や飛行機代が捻出できないのであれば、最低でも3ヶ月に1回は会うべきです。寂しいという気持ちをいかにコントロールしようと思っても、できるものではありません。会うことがすべてだと私は思います」(25歳・営業事務)

少々厳しい言い方かもしれませんが、チャットやメールでどうにかしようと思うから、遠距離恋愛が破綻してしまうのです。
愛だの恋だの、寂しさだのと言ったところで、実際に会うことでしか、愛は深まっていかないというのも、ひとつの愛の厳しい真実ではないかと思います。

いつ結婚するのか決めておく

「遠距離恋愛中の彼と、いつ結婚するのかを決めておけば、恋はそれなりに長続きします。それはおそらく、共通の目標があるからだと思います」(23歳・ヘアメイク)

これも先にご紹介した貯金と同じで、彼と共通の目標を持った方が、恋が長続きしやすいということですよね。
結婚するつもりがない彼と、遠距離恋愛をしている方は、いつ別れても仕方ないという覚悟を持つしかないかもしれません。
彼が近くにいようと、遠くにいようと、結婚するつもりのない相手とは、いずれ破局を迎えてしまうからです。

共通の知人をふたりつくる

「彼が北海道で、私が東京です。彼が北海道に転勤になったとき、彼は北海道の会社の同僚を私に紹介してきました。私も、東京の会社の同僚を彼に紹介しました。それぞれの共通の知人がいることで、感情的な無意味が喧嘩が減りました。みんなで家族ぐるみ的なお付き合いをすることで、私たちカップルは、4年の遠距離恋愛を経て結婚しました」(29歳・商社)

遠距離恋愛はとくに、共通の知人が「ものを言う」ものです。この方法は、大いに活用したほうがいいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
彼との愛を育むうえで、非常に大きな役割をするのが、本当はエッチです。
どれだけ言葉を尽くしたところで、愛というものは語られないものを含む以上、やっぱり肌を触れ合わせて、お互いに感じあうことが非常に重要なのです。
遠距離恋愛のハンディは、このへんにあります。このハンディは、当然のように寂しさを呼んできます。
寂しさにやられてしまわないようにしようと思えば、彼と共通の目標を持ったり、共通の知人を持ったりすることが、ものすごく大きな意味を持ってくるのです。頑張って、遠距離恋愛を成就させてください!

Written by ひとみしょう


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…