【メール・LINEテクニック】片思い中の彼に近づく方法

好きな人と連絡先を交換できたとなれば、連絡しない訳にはいかないですよね?
でも、好きな気持ちが高ぶっているときって、連絡しても失敗しそうで怖い……という女子もいるのではないでしょうか。
好きな人と距離を縮めるメール・LINEテクニックはコレ。

緊急以外、即返信しないのが鉄則

恋愛において過剰な駆け引きはすすめませんが、少しのテクニックは必要です。
好きな人からメールやLINEが届いたら嬉しくてすぐに返信したくなりますよね?
でも、好きな人からの連絡は緊急の用事以外、即返信しないこと。その方が好意もバレにくいです。
連絡がきたら30分~1時間経ってから返信したほうが、なんとなく会話も長続きますし、彼も負担に感じにくいかも。
たしかにポンポンとラリーが続いたほうが楽しいですが、正直、疲れる、止め時が分からない、という男子もいます。
すぐ返信したくてもちょっと我慢。

基本既読スルーはしない

駆け引きでよく既読スルーというのがありますが、頻繁に既読スルーをするのはよくありません。
毎回既読スルーすると「またか……」と呆れられてしまいますが、たまになら彼も「あれ? どうしたんだろ……? 」とちょっと不安になります。
なので普段返信する暇がないときは無理に既読にせず、そのままにしておいたほうがいいです。
相手も「この子駆け引きしている」と思ったら冷めてしまいますので。

長文は控える

好きな人に送る文って、あれこれ考えすぎて長文になってしまうことありますよね? でも長文は読みづらいです……。
特に忙しいときに長文のメールやLINEがきたら「あとで読もう……」と後回しにされてしまうかも。
後回しならまだいいですが、ひどいときには読むのすら忘れられてしまうことも。そうならないためにもできるだけスクロールしなくていい行数におさめましょう。そのほうが彼も返信しやすいです。

キュンとするスタンプ

相手に好意があることをちょっと知らせたいなら、キュンとするような可愛い絵文字やスタンプを使いましょう。
彼との距離が遠いときは「ハートの絵文字って使わないほうがいいのかな……」「こんなスタンプ送って引かないかな……」と考えてしまう子もいるでしょうが、可愛い絵文字やスタンプはどんどん使ってよし。ただ、絵文字だらけの文章は読みづらいので数も考えましょうね。

写真で親近感を与える

好きな人とそれなりに連絡を取り合える関係になれたのなら、文だけでなく徐々に写真を送るのもいいかも。
「今仕事で〇〇に来てるんだ♪ 」とか「週末友達と流行りの○○って店にランチしに行ってきたの」と写真付きのメールやLINEをもらったら、ちょっと親近感が湧きますよね。
まだ付き合ってもないのに毎日のように写真を送るのはウザがられてしまう可能性がありますが、たまに写真を添付して送る分には全然OKです♪ 写真で自分のプライベートを見せて彼にちょっと親近感を持ってもらいましょう。

おわりに

好きな人に近づきたいならメールやLINEを使わない手はないですよね? ガンガン好意を押し付けるような連絡は嫌われてしまうかもしれないので、連絡回数は気を付けたいところ。まだ付き合ってないなら連絡は週1~2回が無難でしょう。

Written by 美佳


この記事どうだった?

2いいね!

0うーん…