O型男子とラブラブになるための4つの方法

今回は、O型の男子と、もっとラブラブになる方法について、見ていきたいと思います。
よく言われるように、O型男子は、明るくおおらかな性格をしています。
でも、だからといって、細かいことにとらわれず、ノリよく彼に接していれば、彼とラブラブになれるかといえば、そういうわけでもありません。

O型男子ともっとラブラブになる方法、さっそく見ていきましょう!

最初は「来たら素直に応えてあげる」

O型男子の特徴は、なんといっても「直情」です。
つまり、一目惚れしやすく、思い込んだら、その道を突っ走るわけです。
出会った瞬間に「好き」と感じてしまえば、彼は積極的にアプローチしてきます。

回りくどい恋愛の駆け引きや、どっちにも取れる中途半端な答えは、彼にとって必要ではありません。
あまりにストレートな告白をされると、女子として躊躇してしまったり、彼の誠意を疑ってみたくなったりするかもしれませんが、 O型男子がアプローチしてきたら、素直にその気持ちに応えてあげればいいのです。

ピュアな少年に接するように……。

これもよく言われることですが、 O型男子は自分の感情に忠実です。
要するに、比較的自己中心的なわがままな男が多いのです。
しかしO型男子は、なにも悪気があってわがままに振舞っているわけではありません。自分の気持ちに素直に行動しているだけです。
それはつまり、O型男子は、自分の気持ちに嘘をつけないということを意味します。

だから、細かいことはさておき、 O型男子と接するときは、ピュアな少年に接するかのごとく接すればいいのです。幼稚園の先生が、幼稚園児に接するような感覚、これが求められるわけです。

リードさせてあげる

その男子が何型であれ、男女関係というものは、結局さいごには、女性が主導権を握るようになっています。長年連れ添ったご夫婦を見れば、一目瞭然です。
それにもかかわらず、 O型男子は、自分が女性を守りたい、主導権を握りたい、というような欲求を非常に強く持っています。

最初はこのようなリードしてくれる男子のことを、非常に頼もしく思う女子も多いと思います。
しかしその後、男女で意見が合わなくなってきて、彼のことがうっとうしく思えてくる時だって出てくるでしょう。
その時、彼にリードさせてあげるふりをする、という女子のしたたかな態度が必要になってきます。

秘書に徹してみる

こちらもよく言われていることですが、 O型男子は、おおらかな性格です。要するに大雑把なんですね。それに加えて、喜怒哀楽が激しいという特徴があります。さらに、先に挙げたように、自分の気持ちに正直な行動をとりたがる傾向もあります。

ということは、 O型男子とうまくやっていこうと思えば、彼女は、彼の秘書のように振る舞う必要があります。
なにも男尊女卑的な話をしているわけではありません。秘書の手のひらの上で、安心して転がっていたい……これがO型男子の望むところだったりするのです。

まとめ

いかがでしたか?
ざっくり言ってしまえばO型男子って、子どもなんです。
だから、「かっこよくて頼もしい男子」というより、「少年のようなピュアなハートでかわいい」という評価に、最後は落ち着くのかもしれません。

だから、O型男子に絶対にやってはいけないことは、計算づくの恋の駆け引きであったり、煮え切らないままずるずると3カ月も半年も時間が過ぎてしまうというようなことなのです。子どもって計算ができないし、待つことが苦手でしょ?

 

Written by ひとみしょう


この記事どうだった?

4いいね!

0うーん…