つられて暗くなっちゃダメ? 彼がネガティブモード時の接し方3つ

生活していれば、好きな人が落ち込むこともあると思います。
もちろん、恋人である以上、できるだけ彼を元気づけてあげたいけど……。
彼のメンタルが弱くて、彼を励ますことが頻繁にある場合、ちょっと接し方に困ってしまいませんか?
励まし方って、相性を図るうえでも大事なポイントですよね。

そこで今回は、彼がネガティブモード時の接し方について考えてみました。

とりあえず話を聞いてあげる

基本的に誰かに相談をしようとしない男性は、ついガマンをしたり、ひとりで抱え込んでしまうことが多いものです。
些細なことであれば、趣味等で気分転換をしているうちに忘れてしまうでしょう。

でも、問題が根深い場合は、当然誰かに悩みを聞いてもらいと思います。
ただ、「相手になんて思われるんだろう……」と、人に相談しづらい場合も少なくありません。

そこで、彼が抱え込んでいるように見えたら、まずはこうした男性心理を理解しつつ、「どうかした? 」「悩んでいることがあれば、特別に無料で聞いてあげるよ? 」と、優しく声を掛けてあげて。

ポイントはなるべく明るく、だけど力強く彼の気持ちに寄り添った態度を取ることです。
普段、彼に頼りっぱなしの女性なら「〇〇に話しても……」と、彼は悩みを打ち明けることに後ろ向きになってしまうかもしれません。

ここぞという時は、頼もしさを見せてあげると、彼も「〇〇に話そう」と思い、話を聞いてもらうことで気持ちの整理ができ、悩みがフッと軽くなるはずです。

彼の孤独感を取り除いて、自信をつけさせる

ただ、彼の悩みを聞いたところで、具体的にアドバイスができないこともあると思います。
そんな時は、彼の良さを褒めてあげたり、自分の似たような境遇の話をしてあげるといいかもしれません。
たとえば、彼が仕事で失敗をしたとして「〇〇は真面目で人柄がいいから、いつかきっと挽回するチャンスがあると思うよ」と、彼の良さを認めつつも背中を押してあげるとか。

はたまた「私も将来には不安を感じているけど、とりあえず今を一生懸命頑張るつもり」と、悩んでいるのは自分だけじゃないことが分かれば、彼は「もっとしっかりしなくちゃ」と思うかもしれませんね。
ネガティブ思考に捉われていると、自分を責めてしまい、「どうして自分だけが……」と、物事を悪い方へ考えてしまいがちです。

ですので、彼の良さを分からせ、自信をつけてあげること。
そして、彼の気持ちを奮い立たせるために、「悩んでいるのは〇〇だけじゃない」と、気付かせてあげることが大切です。

ポジティブ思考の大切さを伝える

よく「ポジティブ思考が大事」と言われるのは、単に暗い気分に浸るのが悪いからではありません。
自分を卑下したところで、物事は一向に解決しないからです。
ちょっと冷静に考えてみてください。人は自分の気持ちによって行動が起きるもの。

〇〇に行きたい、〇〇が食べたい――。すべては自分の気持ちによって、「〇〇する」という行動が伴いますよね。
ところが、ネガティブ思考に捉われていると、「〇〇には行きたくない」と、自分の行動が後ろ向きになってしまいます。

つまり、人は前向きな感情によって、自分の行動が進んでいくのです。
恋愛だって相手と付き合いたい気持ちがなければ、恋人同士にはなりませんよね。

彼にやり取りする時は、なるべく陽気に明るく接してあげて。
あなた自身がポジティブ思考を大事にしていると分かれば、彼もあなたに感化されてポジティブ思考が身に付くかもしれません。

おわりに

彼の気持ちに寄り添ってあげられれば、彼にとってあなたはなくてはならない存在になり、ベストカップルも夢ではないかもしれませんね。

Written by 柚木深つばさ


この記事どうだった?

0いいね!

1うーん…