婚活で失敗してしまう5つの高望み

婚活で失敗してしまう5つの高望みについて今回は考えてみましょう。
理想の男性というのは1万人に1人程度ではないかと思います。

1.外見・体型

容姿のこだわり過ぎてしまう方が多いようです。
ご結婚されて長い御夫婦の方の名言に「毎日見れば慣れる」というものがありますが、確かに心で信頼関係が気づけてしまえば、外見は二の次で良いのかもしれませんね。
また、体型についても、今ムキムキであっても、気を抜くと3年後にはメタボということもありえますので、あくまでもあなたが妻として維持・改善していける範囲内であるということを優先しないと、高望みで終わってしまいます。

2.年収

年収は高ければ高い方が良いと考えていらっしゃる方も多いようです。
確かに、それだけ仕事ができる男性であることの判断材料にはなります。
一方、稼ぎが多いけれどもだいぶ支出も多い男性もいらっしゃいます。そうすると生活の豊かさとしてはそれほど高くありません。
現在の数字のみに心を揺れ動かされず、将来も見据えて判断していくようにしましょう。

3.住んでいる地域

都会、田舎などあなたの希望はもちろんあるでしょう。一方で、今住んでいるところにずっと結婚後も住めるかは分かりません。
仕事で転勤になるかもしれませんし、出張ばかりになるかもしれません。
そういう意味では今の住まいもあくまで判断材料の1つでしかなく、今後の暮らしについてちゃんと話をしていける男性かどうかが大切になります。都心のタワーマンションに住んでいる男性といったように限定すればするほど候補が減ってしまいます。

4.年齢

10歳違いのカップルも普通な時代になってきました。一方で、年齢制限を決めている方も多いようです。
あなた自身が男性としての年齢制限にかからないように注意深く婚活を進めていく必要があります。
ガチガチに年齢制限をするのではなく、±3歳くらいは幅を持たせてまずは出会いの幅を広げることを優先してみましょう。
結婚後子供がほしい方は、子供が成人したタイミングでのお互いの年齢なども考慮した上で適切な年齢を設定すると良いでしょう。

5.車・持ち家

車や持ち家を持っているかどうかもとても気にする方が多いようです。しかしながら、これもしっかり見極めないといけません。
車、持ち家があるということは、キャッシュで買っていない場合は借金があるということになります。
間に見えているものが本当にプラスなのか、将来マイナスとなってくるのかをしっかり判断していかないと、それこそ高望みの縁失いになりかねません。
将来もずっと車や持ち家であり続けるのかどうか、ある意味美味しい話だからこそ、疑ってかかるくらいがちょうど良い姿勢でしょう。

おわりに

いかがでしたか?
条件面から入ってしまうとそれはそれで心のパートナーを逃してしまいますし、いつまでたっても条件に合致する男性ができず、婚期を逃してしまうということにもなり兼ねません。うまく今回のヒントも参考にバランスの良い婚活をしてみてくださいね。

written by 神崎志乃


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…