喪女卒業! 恋愛したいなら思い切って捨てるべきモノ3つ

以前、不要なモノを捨ててモノへの執着心を捨て、気分を一新させる「断捨離」が流行しましたよね。モノの数が減ると部屋だけでなく心までがスッキリし、今まで見えなかった新たなモノが見えてきます。それは恋愛だって同じです。

長く恋愛していない方や、これまでに恋愛経験のない喪女だって、あるモノを捨てれば恋愛への意識が変わるはず。

ではさっそく、恋愛するために思い切って捨てるもの3つをご紹介いたします。

 

1:古い下着

よく言われていることですが、下着と恋愛は密な関係にあります。同性には温泉の脱衣所や旅行の際の着替えで見せることはたまにありますが、男性に見せるのは特別な人と特別な関係になってからですよね。

既に縁のない男性と関わったときに付けていた下着、古くなってパッドが歪み、黄ばんでいる下着は捨て、新たな下着を新調しましょう。「どうせ見えないところだし」とかまわず、すぐ目につく洋服や化粧品ばかりにお金を使っていても恋愛運は上がりません

それに、自分と特別な人しか目にすることのない下着は秘密のモノ。それを選ぶのは楽しいものです。新しくてかわいい下着を身に着ければ、自然と恋愛スイッチも入るはずです。

2:高望み

恋愛がしたいのにできない人は、恋人候補への注文が多くなっていませんか? 10代や20代前半の若いうちは、高望みをしてもそれなりの男性からチヤホヤしてもらえますが、リアルに結婚適齢期になってしまったらそれは通用しません

白馬に乗った王子様よりも、身近な人を恋人候補として恋愛対象にしてみることが重要です。

3:財布の中のレシート、カード類

お金でお財布がパンパンならば嬉しいのですが、レシート、使わないカード類、割引券などでお財布がふくれているのはブス財布! モテ子はスリムなお財布を小さなポシェットや手提げにインしていることが多いです。

大きな財布をこれまた大きな鞄に入れているとたくましく見えてしまうのですが、荷物が少ないだけで「この子、儚くて女性らしいな」と思わせる効果があります。また、身軽な子は抜け駆けも誘いやすいですよね。

財布の中のレシート、もう二度と行かないようなお店のカードや期限切れの割引券を処分すれば、恋愛だって気軽にできるようになります。

古いモノを捨てなければ新しい出会いはない!

上記3つ、意外と溜め込んでいませんか? 古いモノを捨てなければ新鮮な風は吹かないし、新たな出会いも巡ってきません。喪女卒業を目指して思い切って不要なモノを処分すれば、余裕をもって恋愛を楽しめるようになるかもしれませんよ。


この記事どうだった?

2いいね!

0うーん…