恋愛を好転させるメールテクニック

ちょっとしたメールの書き方や出し方で恋愛が大きく好転することがあります。
今回は代表的な5つのテクニックをお伝えします。

1.顔文字を効果的に使う

普段は顔文字で感情を表現、ただし、緊急やシリアスな場合は顔文字無しといったようにあなたたの中での顔文字ルールを作りましょう。彼に明示的に伝えなくとも、日々あなたのメールを見ていれば自然と彼も分かってきます。
また、いつも同じ顔文字ではなくバリエーションを持たせるようにしましょう。
「毎回コピペで返事している」とつまらない勘ぐりをされません。

2.ハートマークはとっておく

たかがメール、されどメールです。メールから得る印象で、あなたへの恋心ががらっと変わってしまったり突然冷めてしまったりします。
そういう意味でハートマークは最後の一手にとっておきましょう。記念デートで本当に嬉しかった時など。
メールは文章だけなので、いつも同じようなマークを使っていると本当にそう思っているのか相手に伝わりづらくなってきます。
感情が伝わりづらいメールだからこそ、感情を表現するマークは多様しないようにしましょう。

3.短くする

長いメールは読んでいる間に誤解を生みやすいです。なので、特に恋愛に影響しそうなメールは短くしましょう。
すべてを伝えるのはメールではなくて実際に話をしながらというのを大原則にしておけば、自然とメールは短くなります。
あくまでも直接会話ができないときの連絡手段という位置づけでメールを利用するようにしましょう。

4.遅れる連絡は1時間前に

一瞬で恋が冷める絶対にやってはいけないタブーとして、「待ち合わせ時間に遅れるとメールする」というものがあります。
時間は平等ですから、あなたが彼を待たせる=彼の大切な時間を奪っていることになります。
待たされている方はかなりのストレスが心に貯まりますので、あなたのことを好きだという気持ちをストレスが上回ってしまうこともしばしばあります。
恋愛にとって致命的になりますので、絶対に避けましょう。遅くとも1時間前には遅れそうなら到着予定時間を連絡しましょう。
「大好きなら多少遅れても大丈夫」というのは遅れる側の勝手な思い込みなので注意が必要です。

5.恋愛初期は頻度高く、その後は一定のリズムで

最初は毎日何通もメールをすることは関係がホットだと相手に伝えることもできますので、マイナスはあまり無いでしょう。
ただし、ある程度やり取りをしたらあなた自身で一定の決まりを作って返事や連絡をするようにしましょう。
たとえば、毎日1通、ただし、返信のやり取りは1日間を空けてといったように。
もちろんすぐにやり取りが必要な場合はレスをしてあげましょう。強弱をつけていかないとお互いにメール疲れが出てしまいます。

おわりに

いかがでしたか?
ちょっとした何気ない工夫でその後の恋愛が大きく変わることがあります。
大切なのは小手先のテクニックそのものではなく、彼との関係がどう変化していくかを予想し見極めていくことです。
あなたの恋愛がうまくいきますように。

written by 神崎志乃


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…