これは脈なし!? LINEの返事にみえる男性の本音を解明

「彼は私のことどう思っているのだろう……」と日々悩むのが乙女心。
とくに、直接顔を見られるわけではない、文面のやりとりでは彼の気持ちがわからないものです。
また、近頃ではLINEの既読スルーは男性なら悪気がない! という説も出ていますよね。

そこで、今回は、脈がないかもしれない男性のLINEの返事をまとめてみました! あなたは彼からどんな返信がきていますか?

「うん」「そうなんだ」などの端的な返事

男は淡白な返事を多くすると思われがちですが、好意のある相手に対してはしっかりと返事をします。
もちろん、LINE自体をめんどうと思いながらも、少しでも連絡を取り合いたいと思うからです。
そのため、どんな内容にも次に続くような返事を打とうとします。
ただ、興味の相手とは連絡を取り合いたいと思わないため、端的な返事が増えがちになるのです。
あなたが質問した内容に関して、返事のみだったり、「うん」「そうなんだ」などの端的な返事は脈のない証拠。
これ以上、やりとりをしないための返事と読み取れます。
もしも、あなたが返事を期待している内容に関して、彼があまりにも端的な内容で返事してきたら、あまり脈がないかもしれませんね。

「バイバイ」「また明日」と連絡を止めようとする

もう、連絡の返しようがないような返事は、これ以上連絡をしたくないというサイン。つまり、脈がないと判断できます。
たとえば、「バイバイ」と連絡を遮断されたり「また連絡する」と交わされたり。
こんな返事は、あきらかにあなたを遠ざけようとしているサインなのです。
もう、連絡を終わりにしようという彼なりの返事と思われます。
ただ、真面目な男性はいちいち、区切りとして「バイバイ」などと連絡してくる場合もあるので、次の日「おはよう」と返事をしてくるかもしれません。それであれば、彼はマメなタイプということ。まだ、脈がないと判断するのは早いかもしれません。

返事がLINEスタンプのみ

LINEスタンプは便利なツールであり、スタンプひとつで会話することができます。
そのため、連絡をめんどうと感じる男性にはもってこいなのです。
ただ、最初にもいいましたが、好意のある相手への返事は男性でもしっかりとかえします。
LINEスタンプひとつでは返信が返ってこない、相手を不快にさせる恐れがあるため、なかなか難しいところ。
つまり、嫌われるデメリットのあるLINEスタンプのみの返事は、脈のない相手だからこそ出来るというわけです。
とくに、返信のしようのないLINEスタンプは彼があなたをなんとも思っていないというサインでもあります。
男性としては、脈がない相手だからこそ、適当に返事をしてもOKと思っているのでしょう。

まとめ

何度もいいますが、どんな男性でも好意のある相手にはしっかりと返事をします。
たとえ、時間がなくても、めんどうでも返事をしなければ、仲良くなれないと分かっているからです。
つまり、返事が出来ないような内容は、連絡を取り合いたくないというサイン。
もしも、あなたへのLINEの返事が”連絡の返しようのない内容”だったのならほぼ脈がないと判断できます! もしも、今あなたにきになる相手がいたのなら、彼の返事をチェックしてみてくださいね。

Written by h103


この記事どうだった?

5いいね!

1うーん…