「結婚って何? 」30代の恋愛はとっても面倒くさい!

30代独身になれば、「結婚」という言葉が、頻繁に頭によぎる時期だと思います。
では、そこで考えましょう。結婚って何でしょうか?

恋愛と結婚はちがう

川崎貴子さんの『愛は技術 ~何度失敗しても女は幸せになれる。~』という本にはこんなことが書かれています。

“おとなしい、安定した性格の、常に薄い笑みをたたえているような男性を「なんか、刺激がない」などと若いお嬢さん方は思ってしまいがちですが、中年既婚者から見ると、きらっきらに輝くパーソナルスキルなんですってば!”

恋愛するなら、刺激的な相手のほうが楽しいです。結婚するなら、穏やかな相手のほうが長続きします。恋愛だけで終わるつもりの相手ならば、刺激的なほうが楽しいに決まっています。
でも、その後の結婚相手と考えたら、穏やかな方がいい。今のあなたの彼氏はどんなタイプですか?

30代独身は気ままで楽しいけども……。

30代の独身生活は楽しいものです。
20代と違って、お金も仕事も充実してくる頃です。好きなところへ行けて、好きなものを食べることができる。
正直、恋人なんていなくても十分楽しい時期なのです。

ジェーン・スーさんの『貴様いつまで女子でいるつもりだ問題』という本にも、30代の独身生活はとにかく楽しいと書かれています
でも、夜な夜な「結婚」という2文字が頭に浮かび、「このままでいいのかな」と自責の念にかられるとも書かれています。

また結婚した人の良いところについて、こうも書かれています。

“既婚者の素晴らしい点は、欲の手離れが良いところだと思います。赤の他人や言葉の通じない赤子との生活で、彼らは毎日思い通りに事が進まないことに慣れる訓練を積んでいます。自分がコントロールできる範囲なんて、そんなに大きくはない。そのことを知っている人の方が、突発的な事態に適応する能力が高いように、私は思います。”

まさにその通りで、独身生活は楽しいのですが、永遠に続くわけではありません。
独身時代の楽しさは、結婚を犠牲した上での楽しさだと自覚した方がよいと思います。

結婚を疑似体験するための同棲

私は同棲しているだけですが、「自分のコントロールできる範囲」の少なさに、困惑することは多々あります。
相手の帰る時間に合わせてしまうので、好きなときに眠れなかったり、好きな時に好きなことを勝手にできないので、了承を得る必要があったり。

結婚に比べたら大したことはないですが、「結婚の疑似体験」だと私は思います。
なかには、同棲してしまうと、結婚が遠のくなんていう意見もあります。
でも、同棲して上手くいかないなら、結婚しても上手くはいかないと思います。

結婚とは社会が二人の関係を認めてくれること

とある小説に同性愛者のカップルが「結婚をしたい」と話す場面がありました。
主人公は「結婚しなくても、一緒に住んでいればいいじゃないか」と言ったときの返答がとても印象的でした。

「結婚することで社会的にパートナーとして認められることが大事」

つまり恋人関係とは、当人同士が認めあっているだけですが、結婚は社会的に妻、夫として認められることなのです。

あなたが今、交際している相手は、社会に認めてもらうに値するのでしょうか。
相手も同じことを考えて、あなたを品定めしています。
それを確かめる手段は、相手と深く付き合うこと。可能なら同棲してみるとよいと思います。

30代まで結婚を先延ばししてしまっているなら、毎日を楽しむこともいいですが、一度、真剣に向き合ってみてはいかがでしょうか。

Written by 前田ヒロキ


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…