モテると思ったけど、キャラ設定失敗した……自分で自分の首を締めちゃうパターン 5つ

初対面の相手には、いかに良い第一印象を与えるかが大事です。
街コン、合コンなどでは、「こんにちは」と挨拶をした瞬間にすべてが決まっている、と言っても過言ではないでしょう。
男性ウケを良くする努力は必須だといえます。

けれど、男性ウケを狙いすぎてモテ女性を演じれば、のちに自分で自分の首を締めることになりかねません。
本当の自分からかけ離れたキャラ設定をするほど、つらくなってしまうでしょう。

1.天然キャラ

天然キャラは、男性になぜか愛されます。カワイイとか癒されるとか……初対面では興味を持ってもらいやすいでしょう。
でも、知的で理論的な考え方をするキチンと女性が天然を演じると、いずれキャラが破たんしてしまいます。
そもそも物事をしっかりと順序立てて考えられるのに、それをわざと崩して話すというのは、なかなか難しいことです。

天然な女性は感覚で生きているので、常識的な理論を元に発言して行動するタイプが演じるには、困難なキャラだといえます。
また、演じていることばバレれば、男性から好印象を持ってもらうどころか、「計算高い女性」と悪印象を持たれてしまうでしょう。

2.下ネタもOK! な大人のお姉さんキャラ

良い意味で割り切りが良く、サバサバとしたお姉さんキャラの女性に対して、男性の多くは「付き合いやすい」と感じます。
カマトトぶって大和撫子を演じるより、ずっとモテるでしょう。

しかし、「下ネタもOK! 」と大胆に割り切るのは、ちょっと考えもの。
サバサバしたお姉さんというより、エロキャラに間違えられてしまい、真剣交際の相手には見られないかもしれません。
男性ウケは良いけれど、近寄ってくるのは身体目的の人ばかり……になるのです。

3.清楚で真面目、お嬢様キャラ

男性は、清楚で上品なお嬢様っぽい女性が好きです。
とはいっても、男性が入り込んで来やすい部分を作らないと、「可愛いけど、なんか近寄りがたい」「素敵だけど、自分は釣り合いが取れない」と、かえって敬遠されるはず。

品のある服装、髪型、言動は心掛けても、あまり真面目になりすぎないほうが良さそうです。
結婚を見越した恋愛を求める場合は、奥さん候補に見てもらえるよう真面目さをアピールするかもしれませんが、「ほどほど」にしておくべき。極端にやりすぎると、「硬い」「付き合っても楽しくなさそう」と恋愛対象に見られなくなってしまうのです。

4.家庭的キャラ

アラサーであれば、街コンで出会う男性に「家事が得意」と言って、暗に「だから私、良い奥さんになりますよ」というアピールをしたくなりますが、本当は苦手という場合、自分で自分の首を締めることになるでしょう。
特に、「得意なのは、創作料理」とか「和食が好き」なんて言うと、みずからハードルを高めてしまいます。
後から料理教室に通えばいいと思っても、自分で設定したキャラに追いつくのが大変かもしれません。

男性の多くは、ハンバーグやとんかつ、カレー、焼き肉、ブタの生姜焼きなど、肉食でガッツリ食べられるものが好きです。
創作料理や和食のレパートリーがなくとも、ハンバーグとナポリタン、カレーあたりが作れれば十分ではないでしょうか?

5.カワイイキャラ

いわゆる「ブリッコ」ですが、男性は好きです。計算ずくだとしても、小首を傾げて考え事をしたり、上目遣いでじっと見つめたり……そういう女性はやっぱり可愛く見えるのでしょう。

けれど、モテを狙って無理に演じるなら、それほど長くは続けられないキャラだといえます。
ブリッコが定着するタイプは、自然とそういう言動が出てくるので、意識して狙っているわけではありません。
普段はサバサバしたタイプの女性がブリッコを演じれば、途中で「もうこのキャラ、止めていいかな……? 」「私、何やってんだろう? 」と辛くなってしまうでしょう。

――初対面の男性に好印象を与えることは大事です。
しかし、恋人として付き合おうとか、結婚しようなどと考えるなら、本当の自分から遠く離れないキャラで振る舞うのが良さそうです。あるいは、キャラ設定なんかしないで、素の自分で勝負したほうが、意外と良い結果が残せるかもしれません。

Written by 岡崎咲


この記事どうだった?

0いいね!

1うーん…