本能のままシタい! 彼とするセックスがもっと楽しくなるコツ4つ

セックスが気持ち良くなるかどうかって、メンタルな部分が大きいと思いませんか?
セックスの感度いうと、よくテクニックが先行しがち。
でも、本当に思い合っている関係なら、好きな人に裸を見られる、触られるだけで感じるもの。

さらに、彼と積極的にセックスの話ができて、帳尻合わせができるなら、もっと気持ちのいいセックスができそうですよね。
今回は既存セックスイメージは捨てて、もっと本能で楽しめるセックスをする方法を考えてみました。

エッチな体を目指す

セックスを少しでも楽しむための下準備として、お互いが「いいな」と思える体作りって大事ですよね。
特に男性は視覚で興奮を得る生き物です。
でも、女性だって彼がビール腹で、ポッコリと出ていると気になりませんか?

筋肉質で格好いい男性に求められたいと思うように、セックスに期待を寄せるポイントって、相手が「好き」という感情以外に、体型の問題が避けられないものです。
お互いの体に少しでもドキッとする要素が増えれば、自然と相手とのエッチが楽しみになり、エッチしたい気持ちにもなりやすいでしょう。

大事なところは簡単に見せない

チラリズムという言葉があります。人間というのは不思議なもので、隠されているものに興味を抱く本能があります。

それこそ、男女がなぜアソコを隠すようになったのか、という理由も、大事なところをお互いに見せ合うことで、愛を深め合えるからという説があるようです。

いきなりバーンと大事なところを見せても、情緒に欠けますし、お楽しみが減ってしまうもの。
セックスの期待を高めるために、自分を色っぽく見せる下着を身に付けるとか。洋服をお互いに脱がせるタイミングとか。
男性のリードのまま身を任せるのではなく、彼の興奮を誘うように、エッチな自分を見せる工夫をしてみてください。

セックスのやり方に捉われない

セックスって男性主導で進んでいくことが多いと思います。
キスをしてハグをして愛撫をして、そして挿入して、オーガズムに達する――。そうした流れに興奮する女性は多いかもしれません。でも、セックスって本来もっと自由なものです。

時には彼が受け身になって、あなたが彼の体を意地悪く攻めてもいいですし、彼がひとりでするところを挑発的にお願いしてみてもいいのです。

もっといえばエッチの目的は、気持ち良さを感じるだけではありません。
お互いに恥ずかしいことをして、そんなヒミツを共有し合って、相手の愛情を感じ合うのが、セックスの持つ効果でもあります。

お互いにしたいプレイをするのも、相手に愛情がなければでなければできないこと。
お互いに気持ち良くなって、どんどんとふたりの仲を深めてみてください。

感じるために道具を使う

道具を使うことでふたりの興奮が高まるなら、積極的に使っていきましょう。
回数を重ねていくうちに、セックスはマンネリになりがちです。

そのため、例えばベッドの上でするのではなく、お風呂でしてみるとか。なかなか相手のやり方で感じられないなら、道具を使うことで感じられ、彼の手やアソコが求めたくなることもあるかもしれません。

普段ひとりでしているやり方をお互いに教えてあげながら、どうすればより興奮を得られるのか、ふたりで考えてみて。

おわりに

誰しもがエッチな一面があって当たり前なので、恥ずかしがらず大好きな人の前で本能のままの自分をオープンにしてみて。
そうすれば、セックスはもっと気持ち良くなるはずです。

Written by 柚木深つばさ

柚木深つばさの他の記事を読む


この記事どうだった?

4いいね!

0うーん…