男性が初エッチでドン引きした「ブラジャー」4選

突然ですが、あなたはどんな基準でブラジャーを選んでいますか?

ファッション誌をめくると、カレをドキッとさせるチラ見せ下着や、いざという時のために備えておきたい勝負下着がズラリ……! でも、身に着けるタイミングによっては、男性をゲンナリさせてしまうこともあるんです。

そこで今回は、20~30代独身男性に「初エッチのとき、ドン引きした彼女の下着」について徹底リサーチしてみましたよ。

1:セクシーすぎる下着

「初めてのエッチなのに、彼女がスケスケのブラとTバッグを履いてきて引いたね。そんなにやる気を見せられても困る」(26歳/IT)

彼氏を喜ばせようと思って準備したことが、裏目に出てしまうことも……! 初エッチで頑張りすぎても「ちょっと萎える」「遊び慣れていそう」など、あまりいい印象を与えることはできません。無難なデザインや控えめのカラーを選んでおくのがベスト。
二人の仲が深まってきたら、カレ好みのランジェリーで攻めてもいいかもしれませんね。

2:上下バラバラの下着

「ブラとショーツって、セットで購入するものじゃないの? カラーもデザインも合っていない下着を見ると、ズボラすぎてガッカリする」(31歳/保険)

ちょっと事情があってブラとショーツがバラバラに……! そんな日は、カレに下着を見せてゲンナリされる前に、「ブラがが透けないように」「生理中だから」など、その理由をしっかり説明しておきましょう。
チグハグな見た目にガッカリしながらも、男性は「なるほどね」と納得してくれるはずですよ。

3:ベージュカラーの下着

「どんなに透けないからって説明されても、ベージュのブラはない。オバサンの代表色でしょ? 」(29歳/建築)

男性がまずチェックするのは、デザインや透け具合ではなく、下着の色。
トップスに響かないベージュカラーは、男性にとってお母さん、おばあちゃんのイメージ。
せっかくの雰囲気を台無しにする“非モテ”の象徴です。デートのときは、こっそりベージュは外して、モテ色のピンクや白を選びましょう。

4:安っぽい光沢色の下着

「テカテカのシルク素材って、手触りはいいけど色によっては安っぽいイメージに……。ど派手な蛍光色で攻められても、ちっとも興奮しない」(25歳/メーカー)

肌触りのいいシルク素材は、履いている女性はもちろん、男性も大好き! でも、色によっては安っぽく遊び慣れた印象を与えてしまうので注意が必要です。デザイン重視のリーズナブルな下着は、ファッション性は高いかもしれませんが、男ウケはイマイチ。カレをドキッとさせるには、素材や色にこだわって選ぶのが1番ですよ。

いかがでしたか? ちょっとでも思い当たる節のある方は、カレにドン引きされる前にこっそりブラを差し替えておきましょう。

(取材協力)
・20~30代独身男性

written by mook

mookの他の記事を読む


この記事どうだった?

8いいね!

2うーん…