男性が見る「彼女にしたい女性」の3条件

人の好みは千差万別ですが、男性には大抵の人に当てはまる「恋人にしたい女性のポイント」があります。それを知っておくと新しい恋を手に入れやすくなるでしょう。

できるだけ多くの男性のストライクゾーンに入り込めますから、恋愛対象に見てもらうチャンスが増えるんです。

 

1. 外見

男性は、女性を見た瞬間に「恋愛対象になるかどうか?」を見極めます。男って単純! と言われるゆえんですが、女性と違って本能で恋をするので、どうしても外見で判断しがちになるんですね。

またそれは、単に顔が美しいだけでなく、性的興奮を覚えるかどうか? が重要なポイントになります。だから、顔かたちや体型に自信がなくても大丈夫。自分をいかに良く見せるか? という「演出」が大事なんですね。

たとえば、男性ウケの良いファッションで鎖骨や太もも、足首なんかがチラリと見えると、「この子、いいな」と思われます。

あるいは、ツヤツヤの髪とスベスベの肌も、男性の触れたい願望を刺激します。月に一度は美容院、エステに通うなどして美髪&美肌を目指すのも良いですね。

そして、笑顔も男性が注目する重要な外見ポイント。

男性は女性に「癒やし」「明るさ」を望みますから、完璧な無表情美人より、愛嬌のある笑顔を見せる子の方が親しみやすく、彼女候補になりやすいですよ。

2. 適度な「ユルさ」

「ユルさ」と一言でまとめましたが、具体的には「可愛らしさ、ちょっと天然、おっとりしたところ」です。

大抵の男性は、女性に完璧さやしっかりした性格なんて求めません。本能的に、従順で母性にも似た穏やかさを持つタイプに目が向きます。一緒にいて心が和み、リラックスできる女性を恋人候補に選ぶんです。

彼女にしたい女性芸能人の上位に、新垣結衣さんや綾瀬はるかさんがランクインするのが、その証拠でしょうね。また、アイドル写真集をめくると、ぼうっとした表情で唇半開きな顔が続くものです。目ヂカラのある気合入りまくりの女性より、ぼんやりして隙だらけの女性の方が、男性には可愛らしく映るんですね。

もちろん、キッチリした性格の女性に好感を覚える男性もいますが、あえて「隙を見せる」ことで彼女候補に認められやすくなります。甘えるのが苦手な“キチンと女子”は、何でも完璧にこなそうとしないで「できないのも魅力の一つ」と思いましょう。

3. 良い意味での「気軽さ」

「結婚したいアピールがないこと」「愛が重くないこと」ということです。

軽薄という意味ではなく、純粋に恋を楽しみたいというニュアンスで男性は気楽に付き合える女性を求めます。

男性にとって結婚は、重い責任を背負わされる大変なこと。自分が覚悟してもいないのに、いきなり結婚を迫られると大概は逃げ出してしまいます。

だから、とびきりの美人に一目惚れしても、いきなり理想の家庭像を語られると、一瞬で気持ちが冷めるはず。そんなつもりはない、と心にシャッターを降ろすでしょう。心の中では「結婚したい」と願っても、言葉や態度に出さない方が彼女候補に見られやすいんですね。

また、ハートが乱れ飛ぶにせよ、日に何十通もLINEしてくるとか、いわゆる「重い女性」も敬遠されがち。一途な愛情表現は決して悪くないのですが、男性の目には「同じだけの見返りを求められても困る」「束縛されそう」と映るので、彼女候補から外されてしまうんです。

とはいえ、真剣交際へ発展すれば、男性だって好きな女性に責任ある態度を示すし、束縛したくなるほど愛情が強くなることもあります。想いが深くなりがちな女性を全否定するわけではありません。

恋が始まるかどうか? という超初期段階では、気楽に仲良くなれるタイプが好まれやすい、ということなんです。


この記事どうだった?

3いいね!

1うーん…