おばあちゃんの君も好き!死ぬまで「円満カップル」でいられる習慣

独女にとって大きな目標でもある結婚。しかし、女性の中には結婚してからが本当のスタートだと語る人もいます。その言葉の通り、たとえ結婚という目標が達成できても、結婚生活がうまくいかなければ、本当の幸せを手に入れたとは言えません。

多くの独女が望むのは、お互いが年をとっても円満な関係を築ける相手との結婚生活。そのためにも、長く円満でいられるカップルの特徴について覚えておきましょう。

◆喧嘩してでも言いたいことは言い合う

カップルの喧嘩は、二人の仲をこじらせる。そう思い、彼との喧嘩を極力避けている女性もいるかもしれません。確かに頻繁に喧嘩が起こると、お互いの気持ちにも余裕がなくなり、相手の存在を雑に扱ってしまいます。しかし、喧嘩以上に危険なのが、どちらかが我慢して不満をためこむことなのです。

日常の小さな不満も、蓄積されると大きなストレスとなります。彼女の愚痴やわがままを我慢して聞き続けた結果、彼の苛立ちが大きくなり、別れの原因を生む可能性だってあるのです。

何十年経っても円満な関係を続けるためには、二人の先を見据えることが大切。その場の空気を読んで我慢するより、喧嘩をしてでも言いたいことを言い合う方が不満もたまらないため、将来的にも長く関係が続きます。もちろん、喧嘩をずるずる引きずるのは不満の元となるので、終わったあとはすぐに仲直りするようにしましょう。

◆お互いが夢中になれる趣味を持つ

Young pretty couple together reading a book together

長く円満な関係を築くためには、お互いが相手に対する気遣いを忘れないことが大切。とはいえ、仕事や人間関係でストレスがたまると、自分のことだけで精一杯になりがち。他人はもちろん、恋人にすら優しくできる余裕が持てないこともあるでしょう。

そこで、心から夢中になれ、ストレス発散にもつながる趣味を持つようにしましょう。ヨガ、映画、スポーツ観戦、ひとりカラオケなど、終わったあとに気分がスカッとするものであれば、何でもOK。もし、特に興味のある分野がないなら、習い事や体験教室を利用して、夢中になれることを探すのも良いかもしれません。

仕事や恋愛以外で夢中になれる趣味が見つかると、それが良い気分転換となり、ストレスをためこむこともありません。気持ちに余裕が持てると、恋人に対しても優しい気持ちで接することができるはず。お互いに気遣いを忘れず、円満な関係を築くには、まず、自分の生活を充実させることが大切なのです。

◆相手の尊敬できる部分を見つける

人間関係の中では、些細な出来事から相手に嫌悪感を抱くこともあります。特に恋人同士の場合は、一度、相手の嫌いな部分を見つけると、次から次へと欠点が目につくことも。それが相手を生理的に受け付けなくなる原因となることも珍しくはないのです。

そんな悪循環を生まないためにも、交際の中では、お互いに人として尊敬できる部分を見つけるようにしましょう。相手に尊敬できる部分がひとつでもあると、多少のことには目をつぶれるようになります。

仕事に対する彼の姿勢が尊敬できると、休日に家でだらしなく過ごすことくらいは許せるはず。また、いざというときに頼りになる一面を尊敬していれば、ちょっとくらい優柔不断な姿があってもかわいく思えるのではないでしょうか。同じ相手と長く付き合うためには、好きという感情だけでなく、お互いに尊敬しあう姿勢も必要なのです。

◆一緒に笑い合う習慣をつくる

smiling couple hugging in autumn park

カップルの長い交際につきものなのが、マンネリ。マンネリ期に入ると、落ち着きを手に入れられる一方で、交際当初の初々しさやときめきは失われます。この時期に恋人に対する気持ちが冷めてしまう女性だって多いはず。

そんなマンネリ期を乗り越えるためには、改めて、相手の存在が一番だと確認できる行動が必要。そのためにも、一緒に笑い合うという習慣を普段より多くつくるようにしましょう。

おうちデートではお笑いのDVDを一緒に観て笑い、会話の中では冗談を言う一面を見せて彼を笑わせる。バカバカしいことで楽しんだり、笑い合えたりすると、お互いが「やっぱりこの人と一緒にいるときが一番楽しい」と再確認できます。他の誰でもなく、相手が自分にとって一番の存在だと確認することも、円満な関係を築くには欠かせない習慣なのです。

◆自分勝手な期待はしない

女性の中には、恋人に勝手な期待を抱く人も多くいます。もしかすると、日頃から「次の休日は私と会うために空けてくれているはず」「誕生日当日は盛大に祝ってくれるはず」と彼に期待する癖がついている人もいるのではないでしょうか。

しかし、勝手な期待は、裏切られたときに無意味な落ち込みや苛立ちを与えます。なにより、男性にとっても、勝手に期待され、それに応えられないと機嫌を悪くされるようでは、一緒にいても疲れを感じるだけ。女性の期待する気持ちは、ときに関係を壊す原因をつくるのです。恋人に何かを期待するというむだなことはやめましょう。

期待することをやめれば、むだに落ち込んだり苛立ったりすることもないはず。それどころか、彼からの予想外のサプライズや気遣いに対して、感謝できる気持ちが持てるのです。期待という勝手な押しつけをやめることで、いつまでも相手の小さな優しさに感謝できる女性になることができるでしょう。それが彼から愛され続けることにもつながるはず。

どれだけ仲の良いカップルであれ、ときに相手に苛立ちを感じたり、不満を抱いたりすることもあります。でも、そんなダメな部分も含め、相手を受け入れることが、長く夫婦円満で過ごすための秘訣なのです。なにより、自分が相手を受け入れる姿勢を見せれば、彼もあなたのことを心から信頼してくれるはず。きっと、長い人生を共に歩める最高のパートナーになることができるでしょう。

東京独女スタイルの他の記事を読む

この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…