あと腐れなし!恋人との別れ話をスムーズにする「別れの理由」とは?

 

恋人と別れたいとき、あなたは別れの理由をなんと説明していますか?
できれば後腐れなく綺麗に別れたいものですよね。
一体世間ではどんな理由を挙げる人が多いのでしょうか。
恋人との別れ話をスムーズにする「別れの理由」とは?

引用元

■価値観が合わない。

多くの人が挙げるのがこちらの理由。
価値観が合わないと言われれば納得せざるをえませんよね。
金銭感覚の違いなどを挙げましょう。
誕生日や記念日に対する気持ちもどちらかが無関心ではうまくいきません。
これも価値観の違いに入るのでお互い納得して別れるために理由として挙げる人が多いようですね。

■別のことに集中したい。

勉強や仕事など別のことに集中したいという理由も多いですよね。
やんわり相手を傷付けることなく別れたいと伝えられる点が支持されています。
相手が納得するような資格の勉強や大きな取り引きなどを具体例に挙げましょう。
一つのことにしか集中できないという理由は相手を傷付けなくて済みます。

■将来思い描くものが違う。

「仕事を辞めたくないのに彼が奥さんには専業主婦を求めている」「結婚したら彼が田舎に帰ると言っている」etc…。
将来の話をしたときにそれが全く異なっていると不安になるという声が多いです。
話し合ったりお互いが譲り合って解決できない問題はそのまま解決しない可能性も。
こちらは円満に別れるパターンが多いのだそう。

■自分よりも合う人がいる。

「私よりもあなたには合う人がいると思う」と控えめに身を引くパターン。
実際そう思っているのかいないのかはさておき相手のせいではなく自分に問題があると印象づけられる一言です。
この理由だと相手がキレたりストーカーになることはありませんがすんなり納得してもらえない可能性も。
きっぱり別れたいという意志だけは伝えるのがポイントかもしれません。

■結婚願望が合わない。

どちらかが「早く結婚したい」「結婚なんてしたくない」だと別れたくなくても別れの理由となってしまいます。
これはある程度の年齢になったら別れの理由として大きくなるのは当然のこととも言えますよね。

引用元

「他に好きな人ができた」や「好きかどうか分からなくなった」だと相手と揉める可能性が高くなります。
相手のことを思ってすっぱり別れの理由を伝える方法もありますがぜひ参考にしてみて下さい。