愛だけじゃ、幸せになれない……「結婚前」に確認すべき大切なこと

結婚には何が必要でしょうか?あなたの理想とする条件を満たしていること、安定した仕事をしていること、年収が高いこと……人によっては50項目になることもあるでしょう。

しかし、これらは大抵「目に見える」ものであることがほとんど。結婚相手に確認すればわかるはずです。しかし、それ以上に大切なことというのは、実は目に見えるものではありません。そして、そういったことが結婚生活で最も重要になってくる可能性が高いのです。

今回は、結婚する前に絶対に確認するべきことをご紹介。「愛があれば大丈夫」と思っていると、思わぬ落とし穴にハマってしまうかも?

◆結婚前に確認すべきこと1:将来設計

「7年の大恋愛を経て結婚した友人がいます。彼女は旦那様のことが大好きなので、私たち友人もとても嬉しく思っているんです。
しかし、結婚してから生活や将来について意見の不一致が多いらしく、悩んでいる姿を目にします。家はどこに建てるか、子どもはどうするか……しかも、彼女に相談もせず彼が転職してしまったりもして、2人が描く家庭像や将来設計にズレがあるみたいです」(32歳/営業)

結婚はゴールと感じる独身女性は多いでしょう。しかし、結婚によって愛する人との生活が始まると言うことは、新しい日常がスタートすることでもあります。2人で未来を築いていくのですから、人生設計や将来についての考えは結婚前に確認すべきことと言えるでしょう。

住む場所はどうするか、いつ家を買うか、子どもは何人ほしいか、いった2人に直接関係があるものはもちろんですが、お互いの両親の老後や資産に関することも早い段階で話しておくとよいでしょう。

◆結婚前に確認すべきこと2:お互いの友人

Frowning couple standing after argument over chalkboard background

「私の友人夫婦は、お互いの友人関係に差がありすぎて大変そうです。旦那さんは友人が多くて、仕事後の飲み会だけでなく、休日はサッカーや野球といったスポーツも盛んにしている人。一方の彼女は深く狭い人間づきあいをする人なので、頻繁に友人に会うこともないそうです。
そんな彼女にとって、旦那さんが毎週末友人と過ごすことや、彼らとの集まりに自分も参加せざるを得ない状況は、ストレスの原因になるみたい。『こんなに人と会ったことはないし、疲れる……』と話していました」(31歳/企画)

人によって人間関係の考え方は様々です。夫婦であっても、全く同じような価値観であることは珍しいかもしれません。このカップルのように極端に違う場合は、なおさらすり合わせが必要。どちらかがガマンをしなければいけない状況は、できれば避けたいものです。

だからと言って、どちらかの友人付き合いを制限するのも考え物。自分が大切にしていることを理解してもらうためには、結婚前からお互いの友人と会う機会を増やしておくといいかもしれません。

◆結婚前に確認すべきこと3:健康状態

「交際半年ほどでスピード婚した友人は、好きな気持ちが強すぎたみたいで『ブライダルチェック』をせずに結婚しました。結婚後すぐに妊活を始めたようですが、なかなか子どもを授かることができなかったので病院で検査をしてみると、妊娠しずらいということがわかったそうです。
それを知った彼女も旦那さんもかなりショックを受けており、不妊治療についてケンカすることが増えてしまったそうです。事情を知らないお姑さんからもプレッシャーがあるらしく、辛そうです」(33歳/会社員)

最近では、結婚前に健康診断を行う「ブライダルチェック」が一般的になってきました。それでも、「自分は大丈夫」という気持ちがあると、やらなくてもいいと考えてしまうこともあるのかもしれません。

持病の有無だけでなく、将来子どもを授かりたいと考えている女性、カップルは、必ずブライダルチェックを行いましょう。結婚後に予想していなかったことが判明すると、関係が悪化するきっかけにもなってしまいます。早めに受ければ対策もできるので、彼と結婚を考えているならばすぐに受けてもいいでしょう。

◆結婚前に確認すべきこと4:両家の関係

Young couple on marital therapy

「学生時代の女友達は、両家の家族が正反対の性格らしくて苦労しています。例えば、彼女の方は親戚同士も仲が良く、お付き合いも頻繁にあるそうですが、旦那さん側の家族は交流がない。彼女の家族は形式や伝統を大切にしたいけど、旦那さんの家族は面倒に感じているなど。
結婚式に関してもかなり揉めたらしく、今後の両家の付き合いをどうするか悩んでいるみたいです」(32歳/金融)

結婚は2人だけの問題ではなく、家族にも大きく関わること。これまで異なる文化の中で生きてきた家族が1つになるというのは、素晴らしいことと言えます。

しかし、どんなに自分たちがいいと思っていても、ご両親たちがこれまでの習慣を変えることはとても難しいはず。お互いの伝統を譲りたくない気持ちがあると、両家で揉めることもあるかもしれません。

それでも彼と結婚したいなら、「これからは自分たちが新しい習慣や伝統を作る!」くらいの気持ちで向き合ってみて。

◆結婚前に確認すべきこと5:宗教について

「私の友人は、大学生の頃から付き合ってきた彼との結婚でかなり揉めてました。
それも、彼以外の家族・親戚が某宗教の会員だったからです。彼は頑なに会員にならずにいたし、今後も絶対に入ることはないと言っていたそうなので、彼女は付き合っていたみたいなのですが、彼女の両親は猛反対。最終的には、長年交際してきたのに一言も言わなかったということで、彼を『詐欺師』呼ばわりし、無理やり別れさせられました。
彼女は彼のことが大好きでしたが、やはり家族に祝福されたいという気持ちの方が強かったので、泣く泣く諦めていました」(34歳/不動産)

何を信じるか、大切にするかというのは人それぞれ。その中の一つには宗教もあるでしょう。宗教とはなかなか変えることができないものであり、家族の影響を強く受けるものでもあるので、人によっては拒絶反応を起こしてしまう場合もあるでしょう。

大好きな彼であれば、どんな宗教を信じる家庭でも構わないと思うかもしれません。しかし、あなた以上に両親の方が敏感に感じるはず。あなた、そして家族もハッピーになる道を探ってくださいね。

結婚に「愛」を欠かすことはできません。しかし、それ以上に重要になってくることもたくさんあります。結婚はゴールではなくスタート、という気持ちを忘れず、彼や家族、そしてあなた自身と向き合いましょう。

この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…