好きな人に好意を持ってもらうために頑張った方が良いこと5つ

片思いが始まったらまずは好きな人に好意を持ってもらうための作戦を考えましょう。
好き好き好き! を連発したからと言って好きになってもらえるわけでもないですからね。
ここは1つ、相手に興味を持ってもらい、好意を持ってもらう、を第一に考えてみましょう。
というわけで、好きな人に好意を持ってもらうために頑張った方が良いことを5つをご紹介!

配慮しましょう

恋愛相手でなかったとしても心がけたいことです。人に配慮することはとても大切なことですよね。
あなたの良さをしっかりと分ってもらえるでしょう。自分優先にならずに相手を思いやる。そういった言動を心がける。
自分の心も穏やかになりそうですね。

挨拶、ありがとうやごめんなさいはしっかりと

とても基本的なことなのですが、思わず省いてしまう言葉でもあります。おはよう、おつかれさま、ありがとう、ごめんね。
シンプルだけれど、大事にしたい言葉です。
仲が良いから、照れくさいから、で省いてしまいがちなこの言葉をしっかりと伝えていきましょう。
あなたが周囲に対して、こういう言動をしているかどうか、意外と彼に見られていたりしますよ。
好きな人の前だけではなく、どんな人にも丁寧に。

相手に学びましょう

好きになった人は、トキメキ以外にも大切なことをたくさん教えてくれます。
相手の心や言葉、行動や生き方などから色々なことを学びましょう。
一人の男性として、一人の人間として見ることによってあらたに惚れ直すポイントがあるかもしれません。
なにより、これからの自分の人生に生かせることがあるかも。

嘘はつかない

嘘はいつかかならずバレてしまいます。
まだ出会い立ての頃、見栄を張りたくてついた嘘はつきあったらすぐにバレますし、気持ちの嘘もです。
好きなのに嫌いなフリをしたり、その気がないフリはやめましょう。
きっとそんな時はおかしな表情になっているはず(笑)いつでも素直に。シンプルでいましょう。

喜怒哀楽をしっかりと

女性はニコニコと笑っているだけ、なぁんてことは男性達も望んでいません。
それよりも泣いたり笑ったり怒ったり、表情がコロコロと変わる女性の方が魅力的で可愛らしいもの。
日々、感情を揺れ動かして、いろんな自分に出会いにいってください。
そうすることによって、いろんな感情を外に出せるようになります。
無表情はNG。心が読めない上にかわいいとは思われないでしょう。
朝、会社や学校に出かける前、鏡の前で表情筋を動かしてみてください!

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか?
書いていて思ったのですが、全部シンプルだなと(笑)なんだか、好きな人に好意を持ってもらう以前に大切なことばかりな気がします。それってあるいは、恋をする前に人としてしっかりと、ということなのでしょうか? (笑) 是非ともお試しくださいませ。

Written by ヒナタ


この記事どうだった?

18いいね!

0うーん…