受け身な女性は一生独身!?婚活で失敗するアラサーの「落とし穴」

この人既婚者?なんて疑わなくてもよい、「結婚願望のある人」しかいないはずの婚活市場。そこに参入したはずなのにちっとも結婚できる気がしない独女はいませんか?

実はアラサー以上の独女がハマりやすい落とし穴があります。もしもやっていたら今すぐやめたい!あなたの婚活が実らないのはこんな行動のせいかも知れません。

◆一人勝ちはNO!年下女子を「敵視」しすぎる

アラサーからそれ以上の独女が多めな婚活市場に、なぜか乗り込んでくる20代前半の若い女……いますよねー!婚活では普通の恋愛よりも「若さ」が重視されがち。ただただ若い!というだけでチヤホヤされる若いコに、内心「何しに来たの?普通の恋愛してればいいのに、邪魔しにこないでよ!」と、アラサー独女がイラつくシーンもよく見られます。

でも、彼女たちは婚活以外でもモテモテなのでしょうか?普通に生きているだけで男には困らないはずの20代前半に、あえて婚活に参入するのはなにかの理由があるはず。やたら若いコを敵視して「もしかして、ひがんでる?」と思われるより、狙った男性に意識を集中するほうが絶対おトク。婚活で他の女性の動向を気にする時間ほどムダなものはありません。

若手婚活女子の「自分の長所が『高値』で売れる市場で活動」という潔さには学ぶところがありますが、基本的にはマイペースであるべき。さっさと我が道を行きましょう。

◆ムダは省きたい!「私はこんな人」宣言

結婚までに長い時間をかけたくないアラサー独女も多いでしょう。探り合いなしに、サクッと気の合う人をしぼり込んでお付き合いを検討したい……。こんな気持ちから、「いらない情報」ばかりを相手に押し付けてしまっていませんか?

ありがちなのが、「ピーマンが嫌い」「アウトドアは苦手」などのネガティブな情報を含む自分語りをしてしまうこと。NG項目をあらかじめ伝えておくのは一見効率がよく思えるかもしれませんが、単にいけ好かない女と思われて敬遠されるハメに。

何かをする前から「お酒は飲めない人なので」「邦画は見ない人なので」と先回りして断ることは。「新しい楽しみを見つける気はありません!」「私の気が向くことしかやりません!」と受け取られてしまいます。そのNG項目だけでなく、あなた自身のことも「じゃあもういいです」と足切りされる原因になりかねませんよ。

◆男の役目でしょ?「楽しませてもらう」待ち

Joy. Elation. Rich woman laughing with crystal of champagne

「婚活=モテない人のすること」ではありません。人並み以上にモテて、なんの不自由もないからこそうっかり結婚が遅くなった独女も多くいます。それだけに、婚活シーンでも受け身でいがちな一面を持った女性も。

男性から誘われるのを待つだけ、楽しい話をしてくれるのを待つだけ……。男性には、「自分が欲しいもの、狙ったものを手に入れたい」という狩人の願望が確かにあります。なので、普通の恋愛ならこんな受け身な態度もむしろウケることもあるでしょう。

でも婚活は別。結婚が目的である男女が集まる場では、多少押しが強い女性でも「ガツガツしちゃって、みっともない」と言われるリスクはないでしょう。場合によっては、「押しが弱いイイ男」を押しの強い女性がサッとさらっていくことも。

むしろ婚活は、「何かが起きるのを待っている」女性は、多少美人でも敬遠されたり、そもそも人目にとまらない世界です。「私を楽しませてくれる人、いないかな?」という受け身の態度では、婚活していないのと同じことと言えそう。

普通の恋愛より面倒なことは少ないけど、その分婚活で求められるのは「分かりやすい態度」と、「はっきりした目標」!他の女性を気にしたり、察してもらうのを待つ態度では結婚をつかみ取れません。婚活には婚活向けの態度があるのかも?と意識するだけでも、成功率は上がるはずですよ!

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…