「おまえが彼女でよかった!」彼があなたにメロメロになる瞬間4つ

「おまえが彼女でよかった」。このフレーズは、もしかしたら「好き」より勝るかもしれない! 女性にとってすべてを認められたような言葉ではないでしょうか。この言葉が彼の口から伝えられれば、きっとあなたはこの上ない喜びを感じることでしょう。
では、男性はこのような気持ちをどのような瞬間に実感するのでしょう?

今回のコラムでは、最高の一言! 「おまえが彼女でよかった」。彼があなたにメロメロになる瞬間を4つご紹介いたしましょう。

本音で向き合う

本音とは、良いことも悪いことも素直に口にする。当然、本音で向き合うことで喧嘩になってしまうかもしれません。
しかし、そこから見えてくるものは、今まで見えなかった相手の“本心”。
男女にとって相手を知る作業は大切なことであり、長いお付き合いしていく上では最も重要なこと。
何でも語り合える二人は唯一無二の存在であり、そして、そこには、「おまえが彼女でよかった」と、メロメロになる彼の姿があるのです。

看病をしてくれたとき

病気になって看病されたとき、はじめてわかる“ありがたみ”があります。
寝込んでしまったときの孤独感や心細さは、誰もが想像を絶するもの。
しかし、このような状態のなか、恋人に看病されたらどうでしょうか? 間違いなく、計り知れない愛情を感じられるはずです。
彼が体調を崩してしまうタイミングは、いずれ訪れる瞬間。そんなときは、ぜひあなたの方から支えてあげましょう。
すると、その幸せから彼は「おまえが彼女でよかった」と、きっとメロメロになるはず。

親と仲が良い

お互いにとって、親とは絶大なる信頼をよせた存在。もしも、あなたが彼の親と仲が悪かったら……。
それは、たとえあなたを愛していたとしても気分がいいものではありません。誰しも自分の家族に慕われている恋人を誇らしく思えるもの。
だからこそ、彼の親と仲良くすることをお勧めします。そんなあなたを目にした彼は「おまえが彼女でよかった」と、必ず実感するはずです。

勇気をくれたとき

どんなに強い男性であっても、ネガティブな感情を抱き、どうしても前を見れなくなるときがあります。
そんなときに支えてくれるのがパートナーである恋人の存在。
このようなときは彼の弱さを認めて上げ、そして「あなたならできる!」と背中を押してあげましょう。
男性は、自分に勇気を与えてくれた恋人を最愛のパートナーとして受け入れる傾向があります。
「もし、つまずいたときは私がいるからね」というあなたの気持ちが、彼に大きな“幸せ”を実感させるのです。

おわりに

男性は何気ない瞬間に、あなたが彼女でよかったと実感するものです。
幸せを感じる瞬間は人それぞれですが、「あなたを決めてよかった」と強い実感を得るときは、男性特有のシュチュエーションが存在するのです。以上のことを参考に、同じような瞬間が訪れたときには、愛をもって彼に接してみましょう。

Written by そら


この記事どうだった?

0いいね!

2うーん…