付き合う前にチェックしてみて! 不幸になる男性の見分け方

 

ようやく彼ができた!と喜んでいるのもつかの間、付き合えば付き合うほど悲しいことが増えてしまうお付き合いってあるんです。付き合ってからこんなはずじゃなかった、別れたいのに別れられないということが起こらないためにも、付き合うと不幸になる男性の見分け方をお伝えします。

引用元

お付き合い経験はどのぐらい?

引用元

お付き合い経験の多い男性もモテモテで心配かもしれませんが、今までまったくお付き合い経験のない男性というのも気になります。お付き合い経験のない男性にとって、女性といえば、彼のお母さんだったり、漫画やテレビの作られた女性だったりします。お母さんは彼を小さい頃から育ててきた人なので、彼のことはいつも守る対象であり肉親でもあるので、損得勘定抜きで、彼のことを大切に思っている存在だと言えるでしょう。ですが、彼女となると彼とは対等の存在。守り守られて、お互いにぶつかり合い、支え合う存在でもあります。常に母親のように一方的な愛とは行かないのが普通です。ましてや漫画やテレビの女性像は架空の存在です。男性が理想とする形を具現化したに過ぎないので、リアルな女性とは大きな隔たりがあります。あまりにお付き合い経験のない男性は、もしかすると自分勝手だったり、相手の気持ちを推し量ろうとする気持ちがなかったりするかもしれません。

怒った時、どんな感じ?

引用

男性と付き合う時に一番気をつけたいのがDVです。暴力をふるう男性はいかなる理由があっても付き合うべきではありません。好きな時は、ついつい理由をつけて彼の暴力を正当化したくなりがちですが、ここを甘く考えているとあとあと大変なことになります。付き合っていて幸せでないだけでなく、別れたいのに別れられないという結果を招くことにもなりかねないので気をつけましょう。お店の店員のミスなどで怒る時怒り方が異常ではないか、殺気立っていないか、ストレスが溜まるとモノに当たっていないかなど、気をつけて観察しておきましょう。

ちゃんと向き合って話しできる?

引用元

お互いを知りたいと思えば、ケンカもするし、ぶつかりあることもあるものです。ですが、私たちケンカしたことないんですというカップルは要注意です。ケンカしないということは、どちらかが我慢していることでもあるからです。長い付き合いになれば、ずっと我慢し続けることは不可能です。いつかストレスがたまって爆発しないとも限りません。また、相手とぶつからないということは、ちゃんと向き合っていないことでもあります。相手が何に怒りを感じるのか、どんな価値観があるのか、そういうことにまったく興味がないというのは恋愛としては不自然ですね。その場だけうまく合わせればいいという事なかれ主義は交際を長く続けて行くのには問題です。ちゃんとケンカしてお互いの軌道修正をして行って初めて仲は深くなっていくものですからね。

さて、「付き合う前に要注意!つきあうと不幸になる男性の見分け方」いかがでしたか?恋愛は楽しいことですが、一歩間違うと不幸にもなります。付き合う前にしっかりと相手をチェックして、幸せなお付き合いを目指しましょう。

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…