国際結婚もいいかも?外国人の彼だとこんなところが違う

 

近くにいい男性がいない!とお嘆きの女性の皆さん、世界は広いので、日本だけでなく世界中の男性に目を向けてみませんか?世界中には素敵な男性がたくさんいてますよ!お付き合いが進めば国際結婚という運びになるかも。外国人の男性だと日本人の男性に比べていいことがあるんです。

引用元

レディーファーストが身についている

引用元

日本人は昔は男尊女卑が強く根付いていました。今はずいぶん男女平等にはなったといえ、それでもまだまだ社会は男性中心に回っています。まだまだ会社ではセクハラが蔓延している中、男性のレディーファーストはなかなか期待できそうにありません。日本人男性でも荷物ぐらい持ってくれる人は増えてきましたが、扉を開けてくれたり、道を譲ってくれたり、車道側を歩いてくれたりするような気の回し方はまだなかなか見られません。一方、外国人男性は子供の頃からレディーファーストを躾けられます。子供の頃から身につけたレディーファーストの振る舞いは、自然で素敵ですよね。

異文化同士で通じないのが当たり前に思える

引用元

外国人カップルだと言葉の問題がやっぱり気になってきます。日常会話は通じても、細かいニュアンスは汲み取れないということも。でも、言葉が通じないことがいいこともあります。よく外国人の子供が日本の学校にやってきた時、通じない時はみんな親切に助けてあげていたのに、通じるようになるといじめるようになるということがあるといいます。これは、通じないうちは気に障ることをされても言葉のせいと思えるのに、通じ始めるとその人の性格や素質のせいと思うので、そういうことが起こるそうです。外国人カップルも言葉が通じないうちは、そもそも違いがあることが当たり前なので、日本人同士ならちょっとした言葉で喧嘩することも、外国人が変な日本語を使っても、その間違いは傷つくどころかかえって微笑ましく感じるものです。

愛していると頻繁に言ってもらえる

引用元

いつも「愛してる」や、「好きだ」という言葉にあふれて暮らすのは、常に自分のことを肯定されていて、いつも幸せを感じるものです。最初は燃え上がった恋も時とともにマンネリになるのが一般的です。ですが、いつもいつも愛があふれる言葉をもらっていれば、ずっとときめいていられそうですね。一緒に暮らす上で、ずっと色褪せることなく、好きでいられることって大切ですよね。

「国際結婚もいいかも?外国人の彼だとこんなところが違う」いかがでしたか?日本はグローバル社会と言われて久しいです。今後はさらに国際的社会となり、外国人の来日も増えてきそうですし、外国人の留学生や観光客も増えてきています。そうなると、チャンスはますます多広がりますよ。日本人の彼でいい人がいないのならば、現状で嘆んでいるより行動に出てみましょう。ちょっとの勇気で外国人の素敵な彼がゲットできるかもしれませんよ。

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…