男性が結婚相手の女性に求める、外見以外の「4つの条件」

■結婚相手に選ばれる女性、選ばれない女性
ひとくちに「結婚したい」と言っても誰でもいいわけではなく、誰しも意中の男性と幸せな結婚というゴールを目指したいはずです。そうなると、結婚を望む女性は、人生のパートナーとして意中の男性に選ばれるか、選ばれないかで、大きく人生が変わります。そのためには、ちょっとしたコツが必要です。

ただ、選ばれる女性になるコツというと、年齢や容姿など外見的要因で、不公平だと思う人もいるのではないかと思うのですが、果たして本当にそうでしょうか? それこそ、選ばれないことを正当化していることになりませんか? 実際に周りを見渡せば、キレイなのに選ばれないと悩んでいる女性だっています。

男性が結婚相手の女性に求める大きなものは一体なんでしょうか? 年齢? それともルックス? 確かに最初の出会うきっかけでは大きいかもしれません。でも、その先は……?

既婚男性という立場に加えて、セミナーを通じてたくさんの女性が結婚していく事例を見てきた恋愛専門家の立場から、「結婚相手として男性から選ばれる女性」の特徴を考えていきたいと思います。

■1.内面のかわいらしさ
勘違いして欲しくないのが、ここでの「かわいい」は決してルックスだけのことではありません。英語の美しいという意味である「Beauty」でなく、愛くるしい「Cute」や「Funny」の要素が強いかなと思います。

個人的に思うのは、内面と外見は大きくリンクしていると思います。皆さんの周りにもいませんか、とてもキレイなのに冷たく感じられて男性から敬遠されて恋人ができない女性。

一般的に美人やかわいい女性は最初の引きはあっても、人を見下す雰囲気や性格がきつかったり、反対に常に自信がなさそうだったり、ネガティブな思考や暗いイメージが漂えば結婚相手としては選ばれにくいです。

これは既婚者として男女ともに言わせてもらえば、パートナーに対してドキドキ感なんて要りません。一緒に住めばスッピンだってさらけ出すし、外では見せない姿をお互いに見せあいます。つまり、ルックスは最初の気に入られるきっかけにはなっても、その先に円満で仲良く結婚生活が進んでいくのとは別問題です。

当たり前ですが、男女ともに結婚後みんな年を重ねていきます。それに伴って外見は少しずつ変化していきます。でも本人が持ってるキュートな性格こそ、きっと年を重ねるごとに大きな魅力に変わっていくはずです。

■2.一緒にいて楽しい
男性がパートナーとして女性を選ぶ大きな要因のひとつに、一緒にいて楽しい、安心できるなど精神的な部分は大きいでしょう。

二人で楽しく会話ができる、同じ価値観や人生のゴールを持っている、休みの日に一緒にいれるだけでハッピーになれる。つまり、ただドキドキするような恋人関係から、一緒に笑いあえるような親友に近いスタンスになれる存在こそが、人生を一緒に過ごしたいと思わせてくれるポイントです。

結婚してからのテーマは、家族としてお互いが成長できるかです。出産や子育てという現実に向かっていくケースはもちろん、夫婦二人で結婚生活をするにしても、家族になるというのは単なる恋人とは違う人生のステージになります。

家庭という場所は、男性にとって仕事から疲れて帰ったときに、唯一自分の心からホッとできる場所であるはずです。そのベースキャンプが心地よく過ごせる空間でなければ、当然ながら男性は家に帰りたくなります。決して浮気は肯定はしませんが、家に帰りたがらない男性が、そこから浮気に走ってしまう要因なのは否定できません。

■3.男性を応援し、サポートしてくれる
日本では未だに「男性は外で仕事して、女性は家を守る」なんていう保守的な考え方を持った人が少なくありません。私が住むカナダなど欧米では、この考えはあまりませんが、よく考えてみれば日本という国が欧米の文化や影響を受けたのは、まだこの数十年です。良い悪いの議論ではなく、単純に根本的な部分では日本独自の文化、習慣として根強いのは仕方ないことでしょう。

そうなれば、やはり男性は外で仕事する自分を応援してくれる、守ってくれる女性を本能的に好む傾向があると思われます。現代女性は、仕事もできて優秀ですので、仕事で能力を発揮できるに越したことはありませんが、一歩間違えると知らないうちに男性を否定してしまったり、男性の自信をなくさせることもあるかもしれません。男性はそこに慣れていない分、やはり自分を応援してくれるような女性の方を選んでいくのではないでしょうか。

■4.精神的に自立している
多くの女性は、結婚相手を考えるときに、仕事ができる男性、エリートで年収の高い男性を好みます。そんなタイプの女性は、結婚によって自分の生活すべてをリセットする幻想を抱いています。結婚したら仕事も辞められて相手に依存できる、ラクできる……と考えているのです。だから、男性を見るときも査定のように、今の会社の肩書、年収、将来性などに厳しくこだわる傾向があるのではないでしょうか。

しかし、仕事ができる男性ほど依存されるのを嫌がります。今の生活から逃れる手段として結婚を選択しようとすれば、残念ながら見透かされて敬遠されるはず。つまり、裏を返せば経済的にではなく精神的に自立しているかどうかなのです。

夫婦は、対等な関係でなければうまくいきません。だから、どちらかが依存しすぎるとバランスが崩れます。これからの時代、より精神的に自立している女性ほどパートナーとして好まれ選ばれていくのではと思います。

■キーワードに当てはまる女性像をイメージしましょう
男性目線からの結婚相手として選ばれる女性の4つの特徴を書かせてもらいました。これらのキーワードは結婚相手として選ばれるか否かにおいて重要な要因だと思います。

どれも内面のことが中心でしたが、これらを婚活に活用するなら、どんな方法があるでしょうか? わずか数分間の会話の印象だったり、オンライン上の写真1枚、プロフィール1枚で、相手からのアプローチ率が大きく変わるのが今の婚活市場です。そのわずかなきっかけが恋愛や結婚につながっていきます。

まず、4つのキーワードを持つ女性をちょっとイメージしてみてください。あなたの周りに当てはまる人がいるかもしれません。一体どんな女性が浮かんできますか?

私自身がイメージすると、やっぱり笑顔が素敵で元気な女性が浮かんできます。逆に言えば、誰だって一緒にいて疲れる、安らげない、不機嫌な顔が浮かぶような人をパートナーとして選びたいとは思いません。それは職場でもプライベートでも男女どちらでも同じです。しかも、毎日同じ家で一緒に過ごす相手だったら……と考えてみてください。

男性だって出会いの場で自分を否定されることは怖いのです。そんなとき婚活現場で、目の前に自分に元気をくれる素敵な笑顔を持った女性と出会えば、「この人は、パートナーにしたい女性の内面を持っているかもしれない」と感じることができ、パートナーとして選びたいと感じてくれるはずですよ。

【久野浩司の恋愛コラムガイド:久野 浩司】


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…