好きでも手繋ぎは嫌! 手繋ぎを嫌がる理由って?

恋人同士なら手を繋ぐことが当たり前、というカップルも多いでしょう。
実際に、町中では手を繋いでいるカップルを多く見かけます。

しかし、中には手を繋ぐことが嫌な人もいます。それは相手のことを愛していないわけではなく、愛していても嫌なのです。
でも、いったいなぜ嫌なのでしょうか?
この記事では、手を繋ぐのが嫌な女性に、その理由を聞いてみました。

片手がふさがって不便

「手を繋ぐと片手がふさがってしまい、バッグやスマホはもう片方の手でしか持てなくなります。両手がふさがった状態になってしまううえに、更に何か手を使いたくなったときに何もできず不便です」(31歳/建設)

手を繋ぐと片手は完全に使えなくなりますよね。
喉が乾いたからバッグの中のペットボトルを取り出したいと思うことがあっても、片手だけでは取り出しにくいです。
何か用事があるたびに手を離すのも彼氏に申し訳ない気持ちになりそう。

手汗が気になる

「とにかく手汗が気になります。好きな人の汗ならOKという考え方はできません。それに、トイレでちゃんと手を洗っているかどうかもわからないので余計に不安」(32歳/サービス)

汗をかいたときに手を繋ぐと、お互いの汗で「ぬめっ」とするときがありますよね。あの感触が苦手な人も多いでしょう。
また、トイレへ行ったあとに手を洗っていないかもと思うと確かに不安。直接手を繋ぐ気にはなれません。

手を繋いだり離したりが面倒くさい

「何かあるごとに手を繋いだり離したりしなければならず、それがとても面倒くさいです。だから最初から繋ぎたくないですね。長時間繋ぎっぱなしにできるとわかっている環境ならまだいいけれど……」(26歳/飲食)

買い物中やテーマパークで遊んでいるときなど、手を繋いでいても離さなければいけないことがありますよね。
これが何度もあると「もう繋がなくてよくない?」と思ってしまいます。

子どもっぽくて恥ずかしい

「20代くらいまではまだいいけれど、30代くらいになると手を繋ぐのは子どもっぽい行為に思えてしまう。愛情表現のひとつだとはわかっているけれど、30代にもなれば手を繋がなくても別の愛情表現がしっかりできるでしょう。わざわざ手を繋ぐという選択はしなくていいと思う」(35歳/金融)

いい大人が手を繋ぐのは恥ずかしいという価値観もありました。
手を繋いでいなくても、気持ちが繋がっていればそれでいいということですね。確かな愛情があれば手を繋がなくても気にならないのでしょう。

拘束されているようで歩きにくい

「手を繋がれると拘束されているような感じだし、歩くペースを無理やり合わせないといけないから歩きにくいです。特に彼氏が何か急いでいたときは引っ張られる感じになるから、自分のペースが乱れてしまいます」(28歳/教育)

手をギュッと握られることを拘束されていると感じる女性も。自由に動けないという面では確かに拘束ですね。
手を繋ぐとどうしてもお互いのペースを合わせなければいけなくなるぶん、余計に拘束された気持ちになるようです。

最後に

手を繋ぎたくないとなれば「愛情がないの?」と思われがちになってしまいますが、愛情の有無は関係なく、それぞれ自分なりの手を繋ぎたくない理由があるのですね。
相手から手を繋ぐことを拒絶されたら、まずは何か理由があるのか聞いてみましょう。

Written by 神之れい


この記事どうだった?

18いいね!

6うーん…