運命を感じる男性よりも、決められた結婚の方が幸せになるらしい?!

突然ですが、アナタはお見合いについてどんな印象を持っていますか?

婚活パーティーや街コンが一般的になっているこの頃ですが、まだまだお見合いに対して抵抗のある方も多いのではないでしょうか。

今日はすてきな恋愛の為に日々がんばっているみなさんに、そんなお見合いなどの「決められたご縁」への見方が変わるお話です。

 

恋愛結婚よりも、決められた結婚の方が満足度は高い?!

お見合い結婚に抵抗のある女子に、ここでご紹介したいデータがあります。2010年にヒットしたビジネス書「選択の科学」という書籍で、恋愛結婚と取り決め婚の夫婦をそれぞれ25組ずつ集め、恋愛感情の強さを計る調査を行ったそうです。

そこでの結果は興味深いもので、結婚1年以内の夫婦の場合は、恋愛結婚の方が恋愛感情のスコアは高いのですが、結婚期間が長くなるにつれスコアは低下。結婚10年以上になると、取り決め婚夫婦の方が恋愛結婚夫婦より、スコアが高くなるという逆転現象が起こったのです。

決められたご縁には窮屈さはなかった

先ほどの調査対象の取り決め婚は日本の話ではありません。世界では家族や周りが決めた人と結婚する文化がまだまだあり、そういった方を対象にしているため、厳密に日本人にどちらがいいとは言い切れません。

ですが、文化を取っ払っても、長期的に幸せを掴めるかも……と考えたとき、結婚時に恋愛感情がピークか、結婚の時点から関係を築きあげるかは、今後の満足度に影響することはないと言えます。

ポイントは長期的に気持ちをつなぐ関係作り

これらの話を踏まえると、お見合いなんてダサいとか、人から進められた縁談なんて嫌だ! とバッサリ断るのはちょっともったいないと思いませんか?

先ほどのデータにもあるように、大切なのはスタート時の気持ちの高まりではなく、長期的な夫婦の関係作りが幸せのカギのようです。恋愛感情は3年で冷めるとも言いますし、なかなか恋愛感情に火がつかないと悩む女子は、気持ちの高まりよりも理性で結婚まで走りきるのもアリなのではないでしょうか。

今日は意外と抵抗のある「お見合い結婚」への見方が変わるお話をご紹介しました。婚活に一人頑張るのも素晴らしいですが、ぜひこの一言をご両親や友達に投げてみましょう。「ねえ、いい人いない?」

【出典】
選択の科学/シーナ・アイエンガー著


この記事どうだった?

3いいね!

0うーん…