恋する乙女必見! 1週間で5キロ痩せることも可能!? 無理のないダイエット法まとめ

1キロ痩せようと思えば、7,500kcal必要だと言われているそうです。
1週間で5キロ痩せようと思えば……「7,500×5」で37,500kcalが必要。
ざっくり言えば、ハァハァ言いながらジョギングしても、500kcal消費できるかできないか……といったところのようで、1週間で約4万kcalも消費するなんて、ほぼ無理です。
実際には、呼吸をしてもカロリーを消費してるし、毎日ご飯を食べないといけないので、計算はもっと複雑になり、「じゃあ、どうすれば痩せれるの?」ということになったりもしますよね。

世の中には、さまざまなダイエット方法がありますが、今回は無理なく痩せることができる方法をいくつかご紹介したいと思います。

1:寝る

わりと多くの識者が提唱しているのが、この「寝る」ということです。
ストレスがあるから食べすぎる、飲みすぎる……だから太る……こういうサイクルを断ち切ろうと思えば、まずは寝ることなんだそうです。
つまり自律神経を「正しく」機能させてあげないと、「ちょっと間食」とか「今日もお肉を食べても、ま、大丈夫かな」という考えに、安易におちいりやすいということ。
まずは寝て、気持ちをリセット!
これだけで1週間で5キロ痩せることができたらラッキーだと思いませんか?
もっとも「今、体重が何キロか」にもよるので、1週間で5キロ痩せるというのは「絶対可能」とは言いませんが。

2:朝日を浴びる

残業で22時に帰宅して、それからご飯を食べてスマホで遊んで、深夜の1時にお風呂に入って2時に寝る……という生活をしている人も、とにかく早く寝て朝日を浴びると、自律神経がしっかりと機能して、暴飲暴食を防ぐことができる。
こういうことを提唱しているお医者さんもいます。
朝の通勤時に朝日を浴びているから私は大丈夫……ということではありません。ちゃんと朝日を浴びて、最低限、深呼吸くらいはしたいところです。もっと言えば、朝の6時に起きて、近所を少し歩けばいいでしょう。

3:歩く

歩くと痩せるというのは、すでに多くの女子が知っていることだろうと思います。カロリーを消費できるから痩せる、という理由もあります。歩くと、背骨のあたりにある「思考をまとめる場所」が刺激されて、頭がスッキリするので、暴飲暴食を防ぐことができる、こういう理由もあると言っている識者がいます。

4:和食を食べる

スムージーダイエットがいいとか、置き換えダイエットがいいなど、ダイエットにまつわる栄養素やカロリーのお話はたくさんあります。
が、無理な食事制限は、リバウンドを招くどころか、カラダにいいことはありません。
薄味の和食を食べる……ざっくり言えば、これでOKと言うお医者さんもいます。
つまり、太ってしまう人って、太ってしまうような食事をしていますよね? ということ言う識者もいるのです。
毎晩、お肉を食べてお魚をほとんど食べないとか、マヨネーズが大好きとか……。
太ってしまう人の食事内容って、「太る理由がある」わけです。痩せている人の食事を真似してみるといいかもしれません。
それでストレスが増えたら? 早寝して朝早く起きて、太陽の光を浴びつつお散歩してはいかがでしょうか?

5:書く

お医者さんが推奨しているとされている、いわゆる「記録式ダイエット(レコーディングダイエット)」。
自分の食事内容を客観的に見ることができます。
こちらについては、すでにダイエットの王道をゆく方法として、さまざまなサイトで紹介されていますので、ググってみてはいかがでしょうか。

いかがでしたか?

無理なく痩せようと思えば、本当はお医者さんに相談したほうがいいです。
たくさんのダイエット法が流行っては消え……ということを繰り返している世の中ですが、流行るもなにもカラダのことを熟知しているお医者さんが「この方法では痩せない」と言えば、それは本当に痩せないのです。
お医者さんにも、いろんな人がいますので、今回ここでご紹介したダイエット方法に異を唱える人もおられるかもしれません。

今回、おおむね「そう大きくは間違っていない方法」をご紹介したつもりですが、いかがでしょうか。
日本では、医療行為はお医者さんしかしてはいけないという法律があるので、ダイエットにしても脱毛にしても、お医者さん以外の人ができる行為には限りがあります。
ホントにホントに痩せたいと思えば、ダイエット外来などに行く、というのが、「正しい」方法にして「結果的に安あがりな」方法なのかもしれません。

Written by ひとみしょう


この記事どうだった?

2いいね!

1うーん…