【山羊座の女性との恋愛】男性からしてみれば、ちょっとめんどくさい!?

まもなく2016年も終盤です。今年もあっという間に過ぎ去ってしまいそうですね。

さて、人にはそれぞれ生まれた季節に応じた星座というものがあります。
今回はちょっと、これからの時期にちょうど誕生日を迎える、12月23日から来年1月19日生まれの山羊座の女性との恋愛について、男性からの目線で書いてみたいと思います。

お祝いごとと季節のイベントが被っててめんどくさい……。

こう書くと元も子もないのですが、年の瀬に生まれた方って、子どもの頃から微妙な思いに駆られる誕生日を過ごしたことがありませんか? クリスマスに近い時期に誕生日を迎えてしまうと、家族から誕生日とクリスマスのお祝いを、ひとまとめにされてしまうことって、あったと思うんですよね。

クリスマスプレゼントと誕生日プレゼント、どっちも貰えたというのは、よほど家庭が裕福だったのでしょう。一般家庭だと、結構この境界線があいまいなんですよね。
子供の頃の話だけではなく、成人してからも、結構この曖昧さって付きまといます。

男性にしてみれば、彼女が冬生まれだと、誕生日プレゼントを用意しなければならない上に、クリスマスはクリスマスでいつもと違うデートを考えなければならず、正直めんどうなんです。
そのめんどくささを楽しめよ、という話なんですけど、なかなかその醍醐味が分からない無粋な男性もいますからね……。

寒い時期にお祝いするのもめんどくさい……。

また、冬に誕生日を迎える彼女をお祝いするためのデートにあたっては、寒い中プレゼントを選びに出向いたり、デートの際には外出することも珍しくありません。
個人差はあれど男性は、女性ほど恋人に関するお祝い事に興味を抱きませんから、ぶっちゃけこういうのもめんどくさいと思ってしまうんですよね。

「どうして春とか秋に誕生日じゃないんだ!」と、憤ってもしょうがないことでへそを曲げてしまう男性もちらほら。そんなのどうしようもないことなんですけどね。

さて、逆に冬生まれの男性が彼女にお祝いされたいのかといえば、多少はされたいとは考えています。
しかし、寒い中気合いを入れたデートをするなんてことは、やっぱりできれば敬遠したいと思う男性は多いものです。

誕生日なんて毎年来るから、今年はゆっくり過ごしたい。そういうことを、男性は毎年考えているものです。

おわりに

男性は全くロマンティックな生き物ではありません。
おしゃれなお店でクリスマスディナーを囲むよりも、家で鍋を囲んでこたつで横になっていた方がいいと思っている男性が大半だと思います。
自分の誕生日でさえ大体この様子なのですから、冬生まれの彼女のお祝いについてなんて、なおさらめんどうに思っているのが本音です。
まあ、この本音を言ってしまうと嫌われてしまいますから、嫌々楽しんでお祝いしているフリをしているんですけどね。

もちろん、心から彼女の誕生日をお祝いしたいと考えている男性もいるにはいると思います。
しかし個人的な話をさせてもらえれば、記憶を遡ってみますと、そんな男性は未だに見かけたことはありません。

Written by 松本ミゾレ


この記事どうだった?

0いいね!

4うーん…