結婚願望がMAX!結婚したくてたまらなくなったらするべきコト

残業でヘトヘトになった時、一人暮らしの暗い部屋に向かって「ただいま」と言った時、街で仲睦まじいカップルを見た時……思わず「結婚したい!」と叫びたくなったことはありませんか?

結婚願望が高まると、焦りやいらだちも沸き上がるはず。つい彼に「いつになったら結婚してくれるの!?」「私と結婚する気はないの!?」と詰めよりたくなってしまうでしょう。しかしそんな風に彼を責めれば、せっかくの信頼関係も一瞬で崩れ去ります。

結婚願望が高まった時は、ちょっと立ち止まって考えてみることが必要かもしれません。

◆結婚したくなったら「恋愛を楽しもう」

結婚したくてたまらなくなると、恋愛をすっ飛ばしてでも結婚したいと考えがち。それこそ、理想的な条件の男性が現れたら、好きか嫌いかを考えず、結婚というゴールまで突っ走ってしまうかもしれません。

人によって結婚に求めるものは違います。恋愛のドキドキや刺激よりも、経済的な安定を求めたい気持ちもわかります。しかし、長い年月を一緒に過ごすうちに肉体的な魅力が薄れたり、相手のイヤな面も知ったりすれば、恋愛感情はなくなるかもしれません。つまり、人生において恋愛感情を持っていられる時間は少ないと考えることができるのではないでしょうか。

もし結婚に焦ったら、今彼に抱く「好き」「愛おしい」という恋愛感情を再確認してみて。相手を男性として意識してドキドキしている今の気持ちは、結婚したら薄れてしまうかもしれません。そう考えたら、ドキドキを楽しめる恋愛関係をもっと楽しみたくはありませんか?

結婚したら、子ども、お金、両親の介護などのシリアスな問題にも直面します。それらの制限がない恋愛関係は今しか結ぶことはできませんし、楽しむことは難しいでしょう。見えない将来を心配するより、今彼と楽しめることを大切にしてみれば、2人が望む未来に近づけるかもしれませんよ。

◆結婚したくなったら「自分の将来を考えよう」

未来のことは誰にもわかりません。だからこそ、何が起こるのか不安になるとも言えます。もしかしたら、1年後に彼と結婚するかもしれないし、明日彼と別れるかもしれません。しかし、常に「彼」を中心に物事を考えていると、自分ではどうにもならないことが多く、イライラも増えてしまいます。そんな時に結婚願望が高まってしまえば、彼に八つ当たりして当然です。

そんな時は、彼との未来ではなく「あなた自身」の将来について考えてみましょう。

例えば、今の職場に不満がある時に結婚願望が高まると「結婚して会社を辞めたい、もっと楽な仕事をしたい」と考えるでしょう。しかしこれは、あまりよい傾向とは言えません。なぜなら結婚を「逃げ」にしているだけだから。結婚したら、これまで以上の手間や面倒もかかるでしょう。結婚に夢を見すぎて、現状から逃げるための言い訳にしてしまうと、結婚後に直面する問題に向き合うことが難しくなってしまいます。

あえて結婚を意識しないで「今の職場がイヤ」な理由を考えてみましょう。それは業務内容なのか、人間関係なのか、はたまた給与なのか……あなたの不満の原因の根本がわかれば、具体的な対策もわかるでしょう。そうすると、あなた自身が何をしたいのか、そしてどうなりたいのかが見えてくるはず。

そうすれば、結婚に対してより現実的に、そして前向きになれるはず。結婚にすがりつかず自分自身の人生を切り開ける女性こそ、男性には魅力的に映りますよ。

◆結婚したくなったら「理由を書き出そう」

Woman Writing in a Notebook

どちらを試しても結婚願望が下がらない、それどころかますます結婚したくなってしまった!という女性もいるかもしれません。そうなったら、最終手段は「彼と話す」しか対策はないでしょう。

この時、高ぶった感情のまま彼に話すのは絶対にNG。彼に話す前に、一度自分の中で頭を整理して落ちついてくださいね。男性は、感情的になってしまう女性が大の苦手。どんな話も論点を外さず、冷静に考えることを好むので、ここで間違えてしまっては全てが水の泡です。ここでは「あなたがなぜ結婚したいのか」という論点を外さず、きちんとその理由を彼に伝えることが求められます。

オススメなのは、あなたが結婚したい理由を一度書き出してみること。この時は何も考えず、ただ思ったことをバババっと書き出すのがポイントです。どんなに長くなっても、乱文でも、自分の頭を整理することが一番の目的なので、誰かにわかってもらうということを意識せずにおこなってください。

書いていくと、だんだん自分の考えがまとまってくるのを感じるはず。自分がしっくりくる締めの文ができたら終了です。そして、それに基づいて彼と話す時は、極力明るく冗談を交えて話してみて。深刻な話になればなるほど、彼は結婚に対する重圧感を感じてしまいます。雑談のつもりでサラッと話すようにしましょう。

結婚したい理由も、タイミングも人それぞれ。結婚は一人ではできないことですから、あなたのワガママを彼に押しつけることがないよう、気をつけてくださいね。